分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

夏の行事

海水浴に赤ちゃんはいつから行けるかと持ち物で便利なものを紹介

更新日:

海水浴 赤ちゃん いつから

 

夏と言えば海!海と言えば海水浴ですよね。

 

綺麗な青空の下で、海で泳いだり、浮き輪でプカプカ浮いたり、
ビーチでまったり過ごしたりと、海水浴はとても楽しいものですが、
赤ちゃんがいるお母様にとっては、

 

「赤ちゃんは何歳から海水浴に連れて行って良いのかな?」
「海水浴に持って行くと便利なものって何だろう・・・。」
などなどと、お困りの事と思いますので、

 

海水浴に赤ちゃんはいつから行けるのかと、
海水浴の持ち物で便利なものについて、ご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

海水浴に赤ちゃんはいつから連れて行く?

それでは早速、海水浴に赤ちゃんはいつから連れて行って良いのか
について見ていきましょう!

 

 

「何歳になったら良い。」
「何歳は駄目。」

 

と、赤ちゃんを海水浴に連れて行くのに、
はっきりとした決まりが、あるわけではありませんが、

 

だいたい1歳~3歳くらいを基準に、
赤ちゃんを海水浴に連れて行くお母さまが多いですね。

 

 

ですが、早い方だと、8ヶ月くらいの赤ちゃんを連れて、
海水浴に行かれる方もいらっしゃいますので、

 

「海水浴に赤ちゃんはいつから連れて行くのが良いのかな?」
と迷われた時は、だいたい1歳くらいになったら・・・。

 

と考えられると良いのかなと思います。

 

 

1歳前後くらいの赤ちゃんを、海水浴に連れて行かれる方には、
上のお子様が2~3歳になって、海水浴に行きたがったので、

 

「赤ちゃんも一緒に連れて行く。」
という形が多いので、一人目のお子様の時は、2~3歳くらいになったら、

 

二人目のお子様は、1歳くらいになったら、海水浴に連れて行く。
と考えられると良いのかなと思います。

 

 

そして、赤ちゃんを海水浴に連れて行かれる時は、

 

  • 日差しがきつい時間帯は避ける
  • 滞在時間を短くする
  • 日焼け対策をしっかりする
  • 水分補給をしっかりする
  • 海の家で休憩する
  • 赤ちゃんから目を離さない
  • 近くに施設がある場所を選ぶ

 

などなどの事に、注意されると良いと思います。

 

お昼頃は日差しがきつくて、赤ちゃんには過酷だと思いますので、
海水浴に行く時は、午前中の早い時間か、
日差しが弱くなってくる夕方頃にしたり、

 

太陽の下で長い時間いると、疲れてしまいますので、
早めに切り上げるようにされて下さいね。

 

 

そして、

 

  • 水着の上にラッシュガードを着せる
  • 首の後ろまで隠れる帽子を被せる
  • 日焼け止めを塗る
  • ビーチテントで日よけをする

 

などなどと、日焼け対策はしっかりされて、
熱中症対策として、水分補給も忘れないようにしましょう!

 

 

また、初めての海で、赤ちゃんがビックリしたり、
怖がったりしてしまうかも知れませんので、
最初は水際で、足をチャプチャプさせたり、座らせてみたり・・・から始めて、

 

慣れてきたら、抱っこして足を海につけてみたりと、
してあげると良いのかなと思います。

 

 

あまり怖がらないようなら、ライフジャケットを着せて、
浮き輪でプカプカ浮かせたりするのも楽しいですね。

 

 

その際は、赤ちゃんから目を離さないように、お気を付けください。

 

 

また、赤ちゃん連れで海水浴に行く時は、
近くに公園や図書館などの、施設がある海水浴場を選ばれると、

 

万一ぐずったりした時でも、便利かなと思いますので、
ぜひ海水浴場を選ばれる時は、参考にされて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

海水浴の持ち物で便利なものを紹介

子供連れの海水浴では、大人だけで行く時よりも、
何を持って行くのかは、大事になってくると思いますので、
海水浴の持ち物で便利なものについて、紹介していきたいと思います。

 

それでは早速、見ていきましょう!

 

 

海水浴の持ち物で必要なものは、

 

  • 水着
  • ラッシュガード
  • 帽子
  • マリンシューズ
  • 日焼け止めクリーム
  • ビーチテント
  • レジャーシート
  • バスタオル&ハンドタオル
  • お菓子
  • ドリンク
  • クーラーボックス
  • 保冷剤
  • 砂遊びセット
  • 浮き輪
  • 水鉄砲
  • 洗濯バサミ
  • 空のペットボトル
  • 冷えピタ
  • ナイロン袋
  • サングラス

 

などなどになります。

 

ビーチには日よけになる物がないので、対策として、
ビーチテントがあると便利ですよ。

 

 

組み立ても簡単で、折りたためるので、コンパクトで持ち運びもしやすいですし、
テントの中で赤ちゃんを寝かせたり、着替えさせたり、
休憩したりと出来ますので、子ども連れの海水浴には必需品ですね。

 

【送料無料】【着後レビューでクーポン】≪ランキング1位≫ テント ワンタッチ ポップアップテント ワンタッチテント 2人用 4人用 フルクローズ サンシェード ビーチテント UVカット コンパクト 軽量 おしゃれ 簡易 フェス 海 アウトドア 運動会

 

 

また、海水浴に行く時は、ビーチサンダルよりもマリンシューズの方が、
脱げにくいですし、履いたまま海の中に入れるので、おすすめです。

 

 

そして、ドリンクは凍らせて持って行くと良いですし、
おやつにゼリーも凍らせていくと、
食べる頃にはちょうど半溶けになって、美味しいですよ。

 

【ダイヤモンド会員様5倍 P会員様3倍 G会員様2倍 6/30 0:00?23:59迄】 コールマン クーラーボックス 26L キャスター付 ホイールクーラー/28QT ピンク 2000010028 coleman

 

 

暑さ対策として、保冷剤をタオルでくるんで、首などに巻くと気持ち良いですし、
浮き輪は、足を入れる事が出来て、紐が付いている物が、便利で良いと思います。

 

 

また、洗濯バサミがあると、風が強い時に、タオルや袋などを、
カバンなどに留める事が出来ますし、いろいろと使えて便利ですよ。

 

 

赤ちゃんが、海で遊ぶのに飽きてしまったり、
海に入るのを怖がってしまった時などに、砂浜で遊べるように、
砂遊びセットを、持って行かれるのもおすすめです。

 

 

そして、空のペットボトルを持って行って、水を入れて、
車に乗る前などに、砂のついた足などを、綺麗に洗うのに使うと便利ですよ。

 

 

また、子供連れの海水浴では、荷物も多くなると思いますので、
リュックにすると両手が使えて、楽ちんなのでおすすめです。

 

 

また、海水浴に行った時に、迷子になってしまった時の為に、
当日の朝に、子供さんの写真を、スマホで撮っておくと良いと思います。

 

 

そうしておくと、お子さんを探す時に、スマホの写真を見せながら探せますし、
どんな服装か、すぐに説明が出来ますので、
念のために備えておかれると安心ですね。

 

海水浴に赤ちゃんはいつからと持ち物のまとめ

夏の楽しみの一つである海水浴ですが、

 

「赤ちゃんを連れて行くのはいつからかな?」
「海水浴にはまだ早い?」

 

などと悩まれる方も多いと思いますので、
そんな時は、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

 

海水浴に行かれる時は、持ち物の準備もしっかりして、
楽しい時間を過ごして下さいね。

 

 

《こんな記事もあります!》

日焼け後のケアでおすすめの方法と美白ケアを知って肌を守ろう!

日焼け止めの選び方と種類やタイプ別の使い分けや使い方を紹介

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-夏の行事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.