分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

アウトドア

山登り初心者さんにおすすめの山と服装や持ち物を紹介

更新日:

山登り 初心者 おすすめ

 

突然山登りに目覚めて、
「よし!山登りへ行こう!!」
と、やる気満々になったのは良いけれど、

 

「初心者の時って、どんな山に登れば良いのかな?」
「登山って、どんな服装で行けば良いの?」
「持ち物で必要な物って何だろう・・・。」

 

などなどと、お困りではありませんか?

 

 

初めての時は、分からない事だらけですからね。
でも大丈夫です。

 

 

山登り初心者さんにおすすめの山と、
服装や持ち物について、ご紹介していきますので、
ここでサクッと確認して、山登りの準備を始めましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

山登り初心者さんにおすすめの山は?

山登りを始めるには、まずは、
どの山に登るのかを、決めなければいけませんよね。

 

 

という事で、それでは早速、
山登り初心者さんにおすすめの山について、見ていきましょう!

 

 

私が初心者さんにおすすめする山は、

 

  • 家から近くて日帰りで登れる
  • 標高が低め
  • 頂上までの歩行時間が短い
  • ロープウェイやケーブルカーがある
  • トイレが整備されている
  • 山道が険しくなくて歩きやすい
  • 飲食出来る店がある

 

などなどになります。

 

初めての登山や、まだまだ経験が浅い内は、
家から近くて、日帰りで登れる山が良いと思います。

 

 

山登りは、体力を消耗しますので、家から遠い山を選んでしまうと、
山に登る前に、山に行くだけで疲れてしまいますので、
家からサクッと行ける山を、選ばれると良いと思います。

 

 

そして、標高が低めで、頂上まで、1~2時間くらいで登れる山が、
山登り初心者さんにはおすすめですね。

 

標高が高くなると、高山病など、体調不良のリスクが高まりますし・・・。

 

 

また、登山に慣れてない内は、歩く時間が長くなると、
体力を消耗して、疲れきってしまって、十分に楽しめないと思いますので、

 

最初は短い時間から始めて、
徐々に、歩く時間を長くしていくと良いのかなと思います。

 

 

そして、ロープウェイやケーブルカーがある山を選んでおくと、
万が一、頑張って登って、行きだけで疲れてしまって、

 

「帰りの体力が残っていない・・・。」
「もう一歩も歩けません!」

 

なんて事になったとしても、
帰りは、ロープウェイに乗って帰ることが出来ますので、便利ですし、

 

「もしもの時は、ロープウェイがあるから大丈夫。」
と安心感があって、心に余裕が持てて、良いと思います。

 

 

そして、トイレが整備されているかどうかは、
特に、女性の方にとっては、とても重要な事になりますので、
こちらも、忘れずにチェックしておきましょう!

 

 

また、険しい岩場などがなくて、歩きやすい道かどうかも、
山登り初心者さんにとっては、とても大事ですし、

 

山頂付近に、お昼ご飯や、軽食が食べられるお店などがあると、
お弁当を準備する必要がなくなって、荷物も減らせて楽ですし、

 

途中でしんどくなった時も、
「もうすぐ〇〇が食べられる!」
と励みになると思いますので、おすすめですよ。

 

 

山登り初心者さんにとっては、自分が登る山について、
よく下調べをすることが、大事になってきますので、

 

事前に、どんな山なのかをしっかり調べて、
自分に合っているかどうかを確認して、登山に備えたり、

 

日頃あまり運動をしていなくて、
「体力に自信がないな~。」
「山頂まで辿り着けるかな・・・。」

 

と、少し不安に感じられるようなら、毎日、出来るだけ歩くようにして、
少しずつでも、山登りに向けて、準備されると良いのかなと思います。

 

 

例えば、エレベーターを使わずに、階段を上がるとか、
いつもより早歩きで歩くとか、一駅分歩いてみるなどなど・・・。

 

 

そして、「ただ頂上に向かって、歩いているだけでは、飽きてしまう。」
と思われた時は、山登りをしながら、自然観察を楽しんだり、
写真撮影をされたりと、楽しまれるのもおすすめです。

 

 

一眼レフなどの、ちゃんとした良いカメラを持って行くとなると、
荷物が重たくなってしまって、それはそれで、疲れてしまうと思いますので、
スマホでパシャパシャと、自然や景色を、撮りまくるのも楽しいですよ。

 

 

ですが、スマホで写真を撮ることに、夢中になりすぎると、こけてしまったり、
他の人にぶつかってしまったりと、危ないですので、
足元や周りを注意することは、忘れないようにされて下さいね。

 

 

また、「登山の帰りに温泉に入る。」
なんていうご褒美があると、より一層、山登りを頑張れたり、
楽しみになったり出来て、良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

山登りの服装を紹介

初めての山登りでは、どんな服装を選べば良いのか、
皆さん、迷ってしまうと思いますので、

 

「山登りはこんな格好をすれば良いよ。」
というものを、ご紹介したいと思います。

 

それでは早速、見ていきましょう!

 

 

私がおすすめする、山登りの服装は、

 

  • 長袖&長ズボン
  • 黒い服は避ける
  • ぶ厚めの靴下
  • 運動靴(スニーカー)
  • 帽子
  • 軍手

 

となります。

 

富士山などの、本格的な険しい山に登る時は、
登山用のブランドで、登山用のウェアを、きちんと揃えた方が良いと思いますが、

 

普通に、ハイキング感覚で登れるような山なら、
登山用のブランドでなくても良いと思います。

 

 

ですが、半袖&半ズボンなどではなくて、山登りをする時は、
必ず、長袖&長ズボンで、歩きやすい服装にされることが大切です。

 

 

半袖&半ズボンで肌が露出していると、

 

  • 草などでかぶれる
  • こけた時に怪我をしやすい
  • 虫に刺される
  • 木の枝などで腕や足を怪我する

 

などなどということがあって危険ですし、
長袖&長ズボンですと、日焼け対策にもなりますので、
山登りの服装では、必ず、長袖&長ズボンを着るようにされて下さいね。

 

女性なら、「キュロットにレギンス」という組み合わせでも良いですね。

 

 

また、山登りの服装を選ぶ時は、動きやすい服を選ばれることも大事なので、
きつめのスキニーパンツのようなものではなくて、
ゆとりのある感じのズボンを選ばれて、

 

山登りでは、汗をかきますので、汗をかいてもすぐ乾くような、
速乾性のある服を、選ばれると良いと思います。

 

 

山登りでは、蜂も心配ですよね。

 

蜂は黒色に反応しますので、蜂に刺されるのを予防する為に、
山登りの服装を選ぶ時は、黒色の服は避けて、
白っぽい服を着るようにすることも大事ですし、

 

また、蜂は匂いにも反応しますので、
山登りをする時は、香水はつけないようにご注意下さい。

 

 

そして、靴下は薄めのものですと、長時間歩くと足が疲れやすくなりますし、
爪に内出血が出来たりすることもありますので、
ぶ厚めの靴下を履かれると良いと思います。

 

 

靴ですが、険しい山でないなら、登山用の靴を、準備する必要はないですが、
おしゃれ重視の、スニーカーなどではなくて、
ランニング用などの、歩きやすい運動靴にされて下さいね。

 

 

靴は、本当に大事だと思いますので、山登り用に新しく準備されて、
「当日初めて履く。」
とかではなく、履きなれた運動靴で、山登りされることをおすすめします。

 

 

もし、山登りの為に、新しく運動靴を用意されるのなら、
山登りに行く時までに、何回か履いて、慣らしておいて下さいね。

 

 

日焼け対策や熱中症対策には、帽子も必要ですし、
山道でこけて、手をついた時に、怪我を防止したり、

 

木や草を触る時に、軍手をはめていると、便利かなと思いますので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

レジャー サファリハット 帽子 メンズ レディース アドベンチャーハット ファッション 山ガール フェス 夏フェス 野外フェス 女性 春 夏 春夏 紫外線対策 UVケア つば広 大きいサイズ 山登り 登山 トレッキング

 

山登りの持ち物で必要なものについて

それでは最後に、山登りの持ち物で必要なものについて、見ていきましょう!

 

山登りに行く時は、

 

  • 飲み物
  • お弁当
  • お菓子
  • レジャーシート
  • タオル
  • ウインドブレーカー
  • ハンカチ&ティッシュ
  • ウエットティッシュ
  • 虫除けスプレー
  • ムヒ
  • 日焼け止め
  • レインコート
  • バンドエイド
  • ゴミ袋
  • ガイドマップ

 

などなどを用意して、リュックに入れて、持って行くと良いと思います。

 

山道を歩いて疲れた時に、チョコレートなどの、甘いものを食べると、
疲れがとれて、また頑張って歩けますし、

 

お腹がすくと、力が出なくなってしまいますので、小腹が空いた時用に、
お菓子は、持って行かれると良いと思いますよ。

 

 

レジャーシートがあると、座ったり、寝転んだりして、
休憩出来ますので、あると便利なグッズだと思いますし、

 

山登りでは、いっぱい歩いて、汗もかくと思いますので、
汗拭き用のタオルも、お忘れなくです。

 

 

また、山の上の方では、気温が下がって、寒くなったりしますので、
1枚ウインドブレーカーのような、風を通しにくい羽織るものを、
用意して持って行かれると良いと思います。

 

マウンテンパーカー レディース ドット柄 迷彩柄 ウインドブレーカー 撥水加工 ウィンドブレーカー 大きいサイズ UVカット加工 ナイロンパーカージャケット 山ガールファッション ゴルフウェア ヤッケ アウトドア ウェア UVパーカー

 

 

虫対策として、虫除けスプレーや、
蚊にさされた時の為に、ムヒを持って行かれて、
日焼け対策には、日焼け止めは必ず持って行かれて下さいね。

 

 

そして、「ちょっと天気が怪しいかな?」
という時は、念の為に、レインコートなどの、雨具があると安心ですし、

 

怪我をした時の為に、バンドエイドや消毒液(マキロン)など、
ちょっとした救急グッズを、用意される事をおすすめします。

 

 

また、山登りする山の事を調べて、
ガイドマップなどを、印刷して持って行かれると、

 

万が一、迷った時などに、役に立つと思いますので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

実際に、1度山登りに行ってみて、
他の人達が、どんな持ち物を、準備してきているのかを、注意深く観察してみて、

 

「あ、山登りには、これがあると便利だな。」
と思う物があれば、次回の山登りの時に、
持って行くなど、されると良いのかなと思います。

 

山登り初心者におすすめの山と服装や持ち物のまとめ

初めての山登りでは、どの山に登るのか、どんな服装で、何を持って行くのか、
などなど、分からない事がいっぱいで、困ってしまうと思いますので、
そんな時は、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

 

事前に、準備をしっかりして、思いっきり山登りを楽しみましょう!

 

 

《こんな記事もあります!》

日焼け後のケアでおすすめの方法と美白ケアを知って肌を守ろう!

日焼け止めの使用期限といつから塗るかの時期や効果の持続時間について

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-アウトドア
-, , ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.