分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

冬の行事

忘年会のゲームで大人数におすすめと少人数向けや簡単なアイデア

更新日:

忘年会 ゲーム 大人数

 

忘年会では、美味しい物を食べたり飲んだりしながら、

 

みんなでワイワイ過ごすのも楽しいですが、より楽しい忘年会にする為には、
やはり、ゲームは欠かせませんよね。

 

 

ですが、いざ担当になって、いろいろ考えようとすると、

 

「忘年会のゲームって、どんなものが良いのかな?」
「アイデアが全然浮かばないよぉ~。」

 

なんて悩んでしまいますよね。

 

 

そんなあなたの為に、忘年会のゲームで大人数におすすめと、
少人数でも盛り上がるものや、忘年会のゲームで簡単なアイデアを、

 

いくつかご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

忘年会のゲームで大人数におすすめなのは?

それでは早速、忘年会のゲームで大人数におすすめなもの
について見ていきましょう!

 

 

大人数なら、個人戦よりも、チーム戦にした方が、盛り上がると思いますので、
チーム対抗で出来るゲームを、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

 

私がおすすめする、忘年会のゲームで大人数で楽しめるものは、

 

  • ジェスチャーゲーム
  • 絵しりとりゲーム
  • 伝言ゲーム

 

などなどになります。
それぞれのゲームについて、簡単にやり方を説明しておきますね。

 

 

まず一つ目の、忘年会のゲームで大人数におすすめなのは、
ジェスチャーゲームですが、このゲームは、お題の人物や物や事柄を、

 

声を出さずに、体の動きだけで、同じチームの人に伝えて、
答えていくというゲームになります。

 

 

例えば、お題が「羽生結弦」だったとしたら、
スケートを滑っている感じや、ジャンプをしたりして、

 

「羽生結弦」を連想出来るような、体の動きをして、
同チームの人が答えられたら、次の人にバトンタッチ、という感じで、

 

次々に、チーム内で順番に違う人がジェスチャーをして、
時間内に、何問答えられたかを、チームで競うという感じですね。

 

 

お題は画用紙などに書いておいて、回答者以外のみんなには、
分かるようにしておくと面白いと思います。

 

 

次に二つ目の、忘年会のゲームで大人数におすすめなのは、
絵しりとりゲームですが、このゲームは、その名の通りで、

 

絵でしりとりをしていくゲームになります。

 

 

例えば、1番の人が「りんご」の絵を描いたら、
2番の人は、「ご」で始まる物の絵を描くので、

 

「ゴリラ」の絵を描く、という感じですね。

 

 

チーム内で順番に、絵しりとりをしていって、
時間内に、たくさんしりとりが出来たチームが勝ちとなります。

 

 

普通のしりとりとは違って、絵しりとりは、絵のレベルの個人差が激しくて、
難しいですが、その分面白いので、忘年会が盛り上がると思いますよ。

 

 

普段は絵の上手な人でも、時間制限があって焦っているので、
なかなか上手く描けなかったり、思いがけず、名作が飛び出す!

 

なんて事もあるかも知れませんよ。

 

 

そして三つ目の、忘年会のゲームで大人数におすすめなのは、
伝言ゲームですが、このゲームは、お題の文章を、同じグループの人に、

 

順番に伝えて言って、最後の人が、回ってきた文章を発表して、
正確に伝言できたグループが勝ちとなります。

 

 

お題の文章を長くしたり、難しい言葉を入れたりすると、
難易度が上がって面白いですし、グループの人数を多くしても、

 

伝言するのが、かなり難しくなりますので、
成功した時には、かなり盛り上がると思いますよ。

 

 

お題の文章は、会社パンフレットなどがあれば、
その中から、一部分を抜粋しても良いですし、

 

お気に入りの本があれば、そこから抜粋しても、良いのかなと思いますので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

忘年会のゲームで少人数でも盛り上がるのは?

それではお次は、忘年会のゲームで少人数でも盛り上がるもの
について見ていきましょう!

 

 

少人数なら、チーム戦は無理なので、個人戦で楽しめるゲームを、
いくつかご紹介していきたいと思います。

 

 

私がおすすめする、忘年会のゲームで少人数でも盛り上がるものは、

 

  • チャレンジゲーム
  • 目隠しゲーム
  • プロフィールゲーム
  • 塗り絵

 

などなどになります。
それぞれのゲームについて、簡単にやり方を説明しておきますね。

 

 

まず一つ目の、忘年会のゲームで少人数でも盛り上がるのは、

 

チャレンジゲームですが、このゲームは、色んな事に挑戦して、
その順位を競うゲームになります。

 

 

例えば、

 

  • ジュース早飲み
  • 豆つかみ
  • 袋詰め

 

などなどで、ジュースを紙コップに入れて、参加人数分用意して、
1番早く飲み終わった人が勝ち、としたり、

 

お皿に豆をいくつかのせて、その豆をお箸でつまんで、
もう一つのお皿に移動させて、時間内に多く出来た人が勝ち、としたり、

 

ビニールの袋と飴を用意して、決められた時間内に、
誰が1番、飴を多く袋につめられるか、を競ったりします。

 

 

次に二つ目の、忘年会のゲームで少人数でも盛り上がるのは、
目隠しゲームですが、このゲームは、

 

目隠しをした人が、お菓子を食べたり、飲み物を飲んだりして、
それが何のお菓子か、何の飲み物かを当てるゲームになります。

 

 

例えば、お菓子なら

 

  • キットカット
  • きのこの山
  • じゃがりこ

 

などなどで、飲み物なら、

 

  • コーラ
  • ジンジャーエール
  • カルピス

 

などなどで、誰もが一度は、食べたり飲んだり、したことがあるような、
メジャーなお菓子やドリンクが良いと思います。

 

 

目隠しをした人が、他の人と握手をして、
その人が誰か、を当てるのでも面白いと思いますよ。

 

 

そして三つ目の、忘年会のゲームで少人数でも盛り上がるのは、
プロフィールゲームですが、このゲームは、ある人のプロフィールを紹介して、

 

その人が誰かを、当てるゲームになります。

 

 

例えば、答えが田中部長(仮名)だったとすると、
事前に田中部長にいろいろと質問しておきます。

 

 

例えば、

 

  • 中学校時代の部活動
  • 初めて買ったCD
  • 最後の晩餐のメニュー

 

などなど・・・。
今まで、会社であまり話した事がないような質問が良いと思います。

 

そして、そのプロフィールを元に、誰かを予想して、当てた人が勝ちとなります。

 

「え~。そうだったんだ~。」
と意外な一面が知れて、面白いと思いますよ。

 

 

そして四つ目の、忘年会のゲームで少人数でも盛り上がるのは、塗り絵ですが、
このゲームは、何人かが塗り絵をして、その出来上がった作品の、

 

  • 丁寧さ
  • カラーセンスの良さ

 

などなどを、みんなで審査して、多数決で多かった作品の人が勝ちとなります。

 

誰が塗ったものか、分からない様にして、
忖度出来ない様にしておくと良いと思いますよ。

 

●送料無料【花と夢いっぱいのぬりえセット(24色の色鉛筆付き)】大人のぬりえ 大人の塗り絵 塗絵 趣味 色鉛筆 アート 絵画

 

 

忘年会のゲームで簡単なアイデアを紹介

「忘年会のゲームは、とにかく簡単なものがいいな・・・。」
と思われる方も多いと思いますので、

 

忘年会のゲームで簡単なアイデアを、いくつか紹介していきたいと思います。

 

 

私がおすすめする、忘年会のゲームで簡単なアイデアは、

 

  • 謎解きゲーム
  • 折り紙の早折り
  • 電卓早打ち

 

などなどになります。

 

謎解きは、自作しようと思うと大変なので、謎解きの本がありますので、
それらを購入して、その中から出題すると良いと思います。

 

謎解きは、なかなか面白いので、みんなでやると、盛り上がって楽しいですよ。

 

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第1巻 [ 東京大学謎解き制作集団AnotherVision ]

 

 

折り紙の早折りなら、折り紙を準備するだけで、すぐに出来るので、
簡単で、忘年会のゲームにおすすめとなります。

 

 

大人になると、折り紙を折る機会も、だいぶ減ってしまうと思いますので、
忘年会のこの機会に、童心にかえって、折り紙で遊ぶのも良いですよね。

 

 

また、会社員の方なら、電卓を使う機会も多いと思いますので、
日頃の成果を見せるべく、電卓の早打ちで競い合うのも、

 

面白くて盛り上がると思いますので、忘年会のゲームにおすすめですよ。

 

 

と、いくつか忘年会のゲームで簡単なアイデアを、
紹介しましたので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

忘年会のゲームで大人数や少人数向けのまとめ

忘年会を楽しいものにする為には、ゲームは必要だと思いますが、
どんなゲームをするかを考えるのは、なかなか大変で、

 

いいアイデアが浮かばずに、悩まれる方も多いと思いますので、
そんな時は、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

 

楽しい忘年会になりますように・・・。

 

 

《こんな記事もあります!》

忘年会の景品でおすすめの家電やその他と渡し方のアイデアを紹介

忘年会の幹事のやることや進行の流れと注意点や心得について

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-冬の行事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.