分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

旅行

小豆島のオリーブ収穫体験のおすすめプランやホテルの紹介(旅行記②)

更新日:

小豆島 オリーブ 収穫 体験

 

先日の、私の小豆島旅行の最大の目的は、
井上誠耕園さんでのオリーブ収穫体験と、オリーブオイル手作り体験です。

 

小豆島はオリーブが有名な島ですからね~。

 

 

そして、旅行と言えば、温泉。
温泉も旅には欠かせませんよね。

 

 

という事で、今回は、旅行記第2弾として、

 

小豆島のオリーブ収穫体験のおすすめプランについてと、
私が実際に泊まったホテルについて、ご紹介していきたいと思います。

 

 

旅行記第1弾では、小豆島へのアクセスと観光スポットや見どころのおすすめ
についてお話していますので、宜しければこちらもご覧下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

小豆島のオリーブ収穫体験のおすすめプランについて

それでは、今回私が小豆島の井上誠耕園さんで実際に体験した、
オリーブ収穫体験と、マイオリーブオイル手作り体験について見ていきましょう!

 

小豆島のオリーブ収穫体験

まずは、オリーブ収穫体験からですが、こちらの詳しい体験内容は、

 

  • オリーブ畑の見学
  • 搾油工場見学
  • オリーブの収穫
  • オリーブの選果体験

 

となります。

 

オリーブ収穫体験は、午前の部が10:00~11:00で、
午後の部が15:00~16:00と、1日に2回なのですが、午後の部だと、

 

搾油工場見学が出来ないとの事だったので、私達は午前の部にしました。

 

体験期間は11月下旬頃までなので、予約をされる際はご注意下さいね。

 

 

体験の受付は、井上誠耕園のらしく園でになります。

 

まず最初に、オリーブ畑の見学があり、
井上誠耕園さんの車で、オリーブ畑まで移動しました。

 

 

今回の参加者は、私達以外に1組で合計4人、
井上誠耕園さんのガイドさんが2人で、合計6人でした。

 

 

オリーブ畑はとっても広くてビックリ!

 

狭い道があって、車で通るのはちょっとヒヤヒヤしましたが、
段々畑になっているし、海は見えるし、

 

ちょうど紅葉の時期だったので景色が最高です。

 

 

井上誠耕園さんのガイドさんが、オリーブ畑やオリーブについて、
いろんなお話をしてくれるので、フムフムと聞いていました。

 

オリーブだけではなくて、ミカンの木もたくさんありましたよ。

 

 

井上誠耕園さんでは、みかん狩りの体験も出来るようです。

 

オリーブ畑の見学の後は、搾油工場の見学です。

 

私は勝手に大きな工場(ワイナリーみたいなの)を想像していたのですが、
こじんまりとしていました。

 

 

実際に、搾りたてのオリーブオイルの香りを嗅がせてもらったり、
大きなろ紙を使って、オリーブオイルをろ過しているのを見たり出来ました。

 

 

搾油工場見学の後は、いよいよオリーブの収穫体験です。

 

今回は、井上誠耕園らしく園のすぐ下にあるオリーブ畑で収穫だったので、
最初に車で見学に行ったオリーブ畑とは別の場所です。

 

 

まず、井上誠耕園さんが用意してくれた、ポケット付きの
前掛けを腰にくくり付けて、収穫したオリーブは、そのポケットに入れていきます。

 

 

その日は寒くて、コートを着たまま、前掛けを腰に付けたので、
若干、いえかなり、ダサい感じになっていたと思いますが、

 

ま、そんな事は一切気にせず、オリーブの収穫に熱中しました。
(気にしたら負けです。何に?)

 

 

オリーブは完熟した黒いものから、緑色のものまで、いろいろありましたが、
気にせずなんでも収穫して良いとの事。

 

なんですが、なぜか完熟した黒いオリーブばかりを収穫したくなるんですよね。。。

 

 

思っていたよりオリーブの収穫は簡単で、
枝からオリーブはすぐにポキッと取れます。

 

 

ですが、葉っぱの先が尖っているので、中の方のオリーブを収穫しようとすると、
葉っぱが手に当たって、少しチクチクして痛いので、

 

肌が弱い人は、軍手などをはめると、快適にオリーブの収穫が出来ますよ。

 

私は念の為手袋を持って行っていたので、はめてからは快適でした。

 

 

オリーブの収穫は無心で出来るので、やり出すとはまってしまって、
「そろそろ終了です。」

 

との声がかかると、
「え~もう終わり?もっとやりたい。」って気分になりましたよ。

 

 

毎日やると大変ですが、たまにやると楽しいんですよね。

 

どちらが多くオリーブを収穫できるのか、
友人と競い合うのも楽しいかも知れませんね。

 

私は完全に量では負けてました。選び過ぎたかな・・・。

 

 

と、オリーブの収穫体験のあとは、収穫したオリーブの選果体験です。

 

こちらは、緑色のものから黒いものまで、
それぞれ、状態ごとにオリーブを選果していきます。

 

 

これがなかなか難しくて、
「ん~、これは緑かな?あ、でも裏側が黒い・・・。どっちだ?」

 

なんてあれこれ悩みながら、なんとかオリーブの選果体験も終了です。

 

 

日常生活ではなかなか体験することが出来ない、
貴重な経験が出来て、楽しかったです。

 

スポンサーリンク

 

小豆島のオリーブオイル手作り体験

それではお次は、オリーブオイル手作り体験についてです。

 

こちらは、井上誠耕園らしく園の中で出来て、
オリーブ収穫体験と合わせて行うと、少しお安くなりますよ。

 

 

マイオリーブオイル作りでは、A,B,Cと3種類のオリーブオイルが
用意されているので、それぞれを自分の好みの調合で混ぜ合わせて、
マイオリーブオイルを作ることが出来ます。

 

世界に一つだけのオリーブオイルですね。

 

小豆島 オリーブ 収穫 体験

 

A,B,Cの3種類のオリーブオイルを、まずは、テイスティング(味見)
していくのですが、飲みやすいとは言われましたが、

 

私はオリーブオイルは、お料理に使う派で、そのまま飲んだことがなかったので、
初めて、そのままオリーブオイルを飲んでみましたが、
喉にグッときて、ゴホゴホとむせてしまいました。

 

 

オリーブオイルってそのまま飲むと、結構喉にくるんですね。
オリーブオイルを飲んだことがない人は要注意です。

 

 

2種類目からは、飲むのではなくて、
オリーブオイルを指に付けて、なめる事にしました。

 

こちらの方法の方が、私には良かったです。

 

 

その後は、ひたすらA,B,Cの3種類のオリーブオイルを、
自分好みの調合で、混ぜていきます。

 

 

味見したり、匂いを嗅いだりしながら、
自分の好きな感じに混ぜていくと、マイオリーブオイルの完成です。

 

 

出来上がったオリーブオイルは、用意してもらった可愛い小瓶に入れて、
シールを貼って、オリーブオイル手作り体験は終了です。

 

この手作りオリーブオイルを使って、お料理するのが待ち遠しいです。

 

 

オリーブオイル好きの方なら、そのまま飲んだり、
パンに付けて食べたりされる様ですが、私はお料理に使う派なので・・・。

 

 

井上誠耕園さんでは、オリーブオイル手作り体験の他にも、

 

  • オリーブオイル美容体験
  • オリーブの寄せ植え体験
  • ハーバリウム作り
  • オリーブ茶 手作り体験

 

などなどもありますので、ぜひお気に入りの体験を見つけて、
素敵な思い出を作って下さいね。

 

楽天トラベル

 

 

小豆島のおすすめホテルを紹介

今回の私の小豆島旅行で宿泊したホテルは、
リゾートホテルオリビアン小豆島」になります。

 

 

実を言うと、最初はエンジェルロードに1番近い「小豆島国際ホテル」か、
「ベイリゾートホテル小豆島」がいいかなと思っていたのですが、

 

満室で断られ、「リゾートホテルオリビアン小豆島」が残り1室で、
ギリギリセーフだったのですが、ホテルはっきり言ってすごく良かったです。

 

 

部屋のランクアップをしてくれて、広くて綺麗で、おまけに海も見えて
景色最高だったし、露天風呂も気持ち良かった~。

 

 

部屋は4Fの和洋室で、畳の部分に、ソファーみたいな座椅子が
6個も並んでいてすっごく寛げるし、テーブルも大きいし、
ベッドもセミダブルでゆったり広々だし、素敵なお部屋に大満足でした。

 

セミダブルのベッドは、初めてでしたね。

 

 

お風呂も広々で、露天風呂も最高に気持ち良くて、かなり癒されましたよ。
テニスコートや卓球台なんかもあって、敷地もかなり広いです。

 

 

小豆島のおすすめホテルを紹介しましたので、
小豆島へのご旅行の際は、ぜひ参考にされて下さいね。

 

小豆島のオリーブ体験とホテルのおすすめのまとめ

小豆島へ旅行に行くなら、ただ観光スポットを巡るだけではなくて、
オリーブ収穫体験や、その他にも、いろんなオリーブ体験が出来ますので、
ぜひ参加してみて下さいね。

 

 

楽しいですよ~。

 

素敵な旅行になるように、当記事が少しでもお役に立てますように・・・。

 

 

《小豆島旅行記第1弾の記事はこちらになります。》

小豆島へのアクセスと観光スポットや見どころのおすすめ(旅行記①)

 

《こんな記事もあります!》

沖縄旅行のプランの立て方と観光や遊びの楽しみ方やおすすめを紹介

沖縄の絶景カフェやレストランでランチやお茶のおすすめを紹介

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-旅行
-

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.