分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

仕事

Excelの検索と置換の使い方(早く文字を抽出し置き換える)

更新日:

検索

 

大量のデータが入力された表の中から、
「ある文字を探したい。」とか「ある文字を他の文字に置き換えたい。」
なんて時ありますよね。

 

そんな時は、「検索」と「置換」を使えば、
あっという間に作業を終えることが出来ますよ。

 

特に「置換」は、使っている人と使ってない人とでは、
仕事のスピードにかなりの差が出てしまうと思います。

 

それでは、「検索」と「置換」の使い方についてご説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

Excelの検索とは

まずは、「検索」をどのような時に使えば良いのかについて、ご説明していきます。

 

例えば、複数の商品が入力された表の中から、ある商品だけを探したいとします。
自力で一つ一つ見ながら探していくのは、とても時間がかかりますよね。

 

そんな時、検索を使えばサクッと一瞬で、探したい文字を探すことが出来ます。
とても便利なので、ぜひ使い方を覚えて下さい。

 

検索の使い方(探したい文字を一瞬で表示する便利な方法)

それでは、検索の使い方についてご説明します。

 

例えば、下図のような商品が入力された表の中から、
「ノートパソコン」という文字を探したいとします。

 

まず最初に、検索したい範囲をマウスでドラッグして選択します。

 

(この時、範囲を指定しなければ、
シート全体から検索されますので、適宜使い分けてください。)

 

検索 置換

次に、「Ctrl + F」を押します。

 

※「Ctrl + F」とは、「Ctrlキー」を押しながら、「Fキー」を押すという意味で、
「検索」のショートカットキーになります。

 

(この方法以外に、ツールバーの
「ホーム」→「編集」→「検索と選択」→「検索」をクリックでもOKです。)

 

すると、「検索と置換」のダイアログボックスが出てきますので、
「検索する文字列」に検索したい文字を入力します。

 

今回は「ノートパソコン」と入力し(図1)、
「すべて検索」or「次を検索」をクリックします(図2)。

 

検索 置換

これで「ノートパソコン」と入力されているセルが選択されます。
「検索」を終了する時は、「閉じる」をクリックします(図3)。

 

注意!

検索する時に、範囲を選択しない場合は、
シート全体から検索されるので、必要に応じて使い分けて下さい。

 

Excelの置換とは

まずは「置換」をどのような時に使えば良いのかについて、ご説明していきます。

 

大量のデータを打ち終えて「やっと表が完成した~!」
と喜んでいる所に、修正依頼が・・・。
なんてこと、本当によくありますよね。

 

例えば、下図の表のように「株式会社」で入力しているのを、
「(株)」に修正しなければいけなくなってしまいました。

 

検索 置換

数が少なければ、なんてことないですが、大量のデータとなれば話は違います。

 

「せっかく頑張って作成したのに・・・。」 「もっと、早く言ってよ~」
と、半泣き状態になるところですが大丈夫です。ご安心下さい。

 

『置換』を使えば、あっという間に文字を置き換えることが出来るのです。

 

スポンサーリンク

 

置換の使い方(一瞬で文字を置き換える便利な方法)

それでは置換の使い方についてご説明します。

 

まず最初に、置換したい範囲をマウスでドラッグして選択します。

 

(この時、範囲を指定しなければ、
シート全体で置換されてしまいますので、ご注意ください。)

 

検索 置換

次に、「Ctrl + F」を押します。

 

※「Ctrl + F」とは、「Ctrlキー」を押しながら、「Fキー」を押すという意味で、
「置換」のショートカットキーになります。

 

(この方法以外に、ツールバーの
「ホーム」→「編集」→「検索と選択」→「置換」をクリックでもOKです。)

 

すると、「検索と置換」のダイアログボックスが出てきますので、
「置換」のタグをクリックします(図1)。

 

そして、「検索する文字列」に「株式会社」と入力し、
「置換後の文字列」に「(株)」と入力したら(図2)、
「すべて置換」をクリックします(図3)。

 

検索 置換

これで、表の中の「株式会社」が「(株)」に置き換えられます。

 

「置換」を終了する時は、「閉じる」をクリックします(図4)。

 

注意!

置換をする時に、範囲を選択しなければ、
シート全体の文字が置き換えられてしまうので、

 

選択範囲を指定したい時は、
マウスで範囲選択するのを忘れないようにしましょう。

 

置換を使って文字の一部を削除する方法

例えば、下図のような金額が入力された表で、
金額の「円」の文字を消して、数字だけにしたい時は、

 

まず、置換したい範囲をマウスでドラッグして選択します。

 

検索 置換

そして、「検索する文字列」に「円」と入力し、
「置換後の文字列」を空白にし(図の1)、
「すべて置換」をクリックします(図の2)。

 

検索 置換

これで、下図のように「円」の文字を消して、
数字のみにすることが出来ました。

 

検索 置換

 

まとめ

いかがでしたか?
「検索」と「置換」の使い方はご理解いただけましたでしょうか?

 

大量のデータから、自力で文字を探したり、
文字を置き換えたりするのは大変ですが、

 

上記のように、「検索」と「置換」を使えば、

 

サクッと一瞬で探したい文字を探したり、
置き換えたり出来るのでとても便利ですよね。

 

今まで「検索」と「置換」を使ってなかった方は、
今日から劇的に仕事のスピードがアップすると思いますので、

 

ぜひ、使い方を覚えて使いこなして下さい。

 

スポンサーリンク

-仕事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.