分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

仕事

Windows10のスタートメニューとタスクバーの活用と使い方

更新日:

Windows10のスタートメニュー

 

Windows10をお使いの皆様、Windows10の使い心地はいかがでしょうか?

 

私は、Windows7からWindows10へ変わったので、最初はなかなか慣れなくて
「使いにくいなぁ・・・。」「前の方が良かったな~。」

 

なんて思ったりもしたのですが、ようやく慣れてきて、
だいぷ使いこなせるようになってきました。

 

そして、Windows10の便利な機能も見つけましたので、紹介したいと思います。

 

Windows10では、「スタートメニュー」 や「タスクバー」に、
よく使うアプリを登録して、すぐにアプリを起動することが出来るので、

 

とても便利で効率良く作業することが出来ます。

 

それでは、「スタートメニュー」と「タスクバー」の
活用方法と使い方について詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

Windows10のスタートメニューの活用方法

皆さん、「スタートメニュー」は使いこなしていますか?

 

私はあまり使ってなかったのですが、
いろいろと便利な使い方があるのが分かったので、

 

ちょっと使っていこうと思っています。
では、どのように便利なのか見ていきましょう。

 

まず、「スタートメニュー」を表示するには、
画面の左下にある「Windowsロゴ」のボタンをクリックします。(図①)

 

 Windows10のスタートメニュー

 

スタートメニューにアプリを登録する方法

よく使うアプリを「スタートメニュー」に登録することが出来ます。

アプリ一覧から登録したいアプリを選んで、
右クリック → 「スタートにピン留めする」をクリック。(図②)

 

Windows10のスタートメニュー

 

これで、「スタートメニュー」に登録することが出来ました。

 

スタートメニューのグループ名の変更方法

「スタートメニュー」ではグループごとにアプリが登録されていますが、
この「グループ名」を変更することが出来ます。

 

グループ名の上でクリックすると、
文字を編集出来るようになるので、任意の名前を入力します。(図③)

 

これで、グループ名を変更することが出来ました。

 

グループ間でアプリを移動させたい時は、
ドラッグ&ドロップでアプリを移動させることも出来ます。

 

スタートメニューでアプリを探す方法

使いたいアプリを探すには、「アプリ一覧」から探せば良いのですが、

 

アプリによってはフォルダの中に入っているものもあるので、
自力で探すのはなかなか大変です。

 

そんな時は、「検索ボックス」にアプリ名を入力しましょう。(図④)
すると、アプリが表示されるので、クリックすれば起動出来ます。

 

スポンサーリンク

 

アプリをアンインストールする方法

「アプリの一覧」でアンインストールしたいアプリを選び、
右クリック → 「アンインストール」をクリック。

 

これで、アプリのアンインストールが出来ます。
アプリによっては、アンインストール出来ないものもあります。

 

Windows10のコントロールパネルの出し方

Windows10で「コントロールパネル」を出したい時は、
アプリ一覧 → Windows システム ツール → コントロールパネルをクリックします。

 

Windows10のタスクバーにアプリを登録する方法

よく使うアプリ(メールやExcel 等)をタスクバーに登録することが出来ます。
※タスクバーとは、画面の一番下にあるバーのことです。

 

タスクバーに登録しておくと、複数のアプリを立ち上げて作業している時でも、

 

すぐに使いたいアプリを起動出来るので、
とても便利で効率良く作業することが出来ます。

 

では、使用方法を見ていきましょう。

 

まず、タスクバーに登録したいアプリを起動する。(例:Outlook)
次に、タスクバーに起動したアプリが表示されるので、
右クリック → 「タスクバーにピン留めする」をクリック。(図⑤)

 

これで、Outlookをタスクバーに登録出来ました。

 

 Windows10のスタートメニュー

 

「スタートメニュー」の「アプリの一覧」から
任意のアプリで右クリック → その他 → 「タスクバーにピン留めする」をクリック。

 

でも、登録は出来ます。

 

スポンサーリンク

-仕事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.