分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

画像編集

GIMPの使い方を基本から学ぼう~ウインドウと基本操作~

更新日:

GIMP 使い方 基本

 

GIMP』は無料で使える画像編集ソフトです。

 

フリーソフトでありながら、
フリーとは思えないほど優秀なソフトなので、

 

『GIMP』の使い方をしっかり覚えて、
ぜひ、サイト(ブログ)作りなど、様々なシーンでご活用下さい!

 

画像編集をこれから始める初心者さんにとっては、
最初は難しいと感じるかも知れませんが、慣れてくると、
画像編集が楽しくなってくるので、ゆっくり操作方法を覚えていきましょう。

 

それではまずは、
GIMPの「ウインドウ(画面構成)について」と「基本操作」からご案内していきます。

 

スポンサーリンク

 

GIMPのウインドウ(画面構成)について

まずは、GIMPのウインドウ(画面構成)についてご案内します。

 

GIMP 使い方 基本

 

GIMPは、上図の様に3つのウィンドウで構成されていて、
それぞれ、「ツールボックス(図の1)」と「画像ウィンドウ(図の2)」と
ドック(図の3)」となっています。

 

「画像ウィンドウ」に、画像が表示されるので、
「ツールボックス」から任意のコマンドを選び、

 

必要に応じて、その下にある「ツールオプション」で細かな設定をして、
コマンドを実行することになります。

 

ツールボックスには、「選択」、「移動」、「切り抜き」、「テキスト」等の
複数のコマンドが用意されています。

 

「ドック」には、ダイアログが複数収納されていて、
例えば「レイヤーダイアログ」ではレイヤーを新規で追加したり、
コピーや、削除や、移動などのレイヤーの管理をすることが出来ます。

 

他にも、「ブラシダイアログ」、「グラデーションダイアログ」、
「パターンダイアログ」等も収納されていて、
それぞれのダイアログから任意のものを選択出来ます。

 

ウィンドウを1つにまとめる方法

GIMPの画面は、初期設定だとウィンドウが3つに分かれていますが、

 

「ちょっと使いにくいなぁ。」
と思われる方もいると思います。

 

ウィンドウは1つにまとめることも出来ますので、
ご自分の使いやすい方でご使用下さい。

 

メニューの「ウィンドウ」→「シングルウィンドウモード」にチェックをいれると、
ウィンドウを1つにまとめることが出来ます。

 

GIMP 使い方 基本

 

GIMPの基本操作

画面構成の次に、GIMPの基本操作をご案内します。

 

画像ファイルの新規作成

新規で画像ファイルを作成する時は、
メニューの「ファイル」→「新しい画像」をクリックします。

 

すると、「新しい画像を作成」ダイアログが出るので、
「キャンパスサイズ(画像サイズ)」を入力して、
「OK」をクリックします。

 

これで、「画像ウィンドウ」に、先ほど指定したサイズのキャンパスが作成され、
「レイヤーダイアログ」には、「背景レイヤー」が作成されます。

 

GIMP 使い方 基本

 

画像ファイルを開く

既存の画像ファイルを開く時は、
メニューの「ファイル」→「開く/インポート」をクリックします。

 

すると、「画像ファイルを開く」ダイアログが出るので、
任意のファイルを選択(クリック)して、「開く」をクリックします。

 

これで、画像ファイルを開くことが出来ます。

 

GIMP 使い方 基本

 

レイヤーとして開く

画像ファイルをレイヤーとして開く時は、
メニューの「ファイル」→「レイヤーとして開く」をクリックします。

 

すると、「レイヤーとして画像ファイルを開く」ダイアログが出るので、
任意のファイルを選択(クリック)して、「開く」をクリックします。

 

これで、レイヤーとして画像ファイルが追加されました。

 

GIMP 使い方 基本

 

画像ファイルの保存

画像ファイルを保存する時は、
メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックします。

 

すると、「画像の保存」ダイアログが出るので、
「名前」を入力し、「保存場所」を選んで、「保存」をクリックします。

 

これで、先ほど選んだ保存場所に、XCF形式の画像ファイルが保存されます。

 

GIMP 使い方 基本

check!

「XCF形式」とは、
GIMP独自のファイル形式で、拡張子が「.xcf」となります。

 

上書き保存

一度名前を付けて保存した画像ファイルを編集して、上書き保存する時は、

 

「Ctrl + S」(Ctrlキーを押しながら、S キーを押す)で、
上書き保存をすることが出来ます。

 

メニューの「ファイル」→「保存」をクリックでも、
上書き保存することが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

画像ファイルをエクスポート

画像ファイルをエクスポートする時は、
メニューの「ファイル」→「エクスポート」をクリックします。

 

すると、「画像をエクスポート」ダイアログが出るので、
「名前」を入力し、「保存場所」を選んで、

 

「ファイル形式の選択」で任意のファイル形式を選んで、
「エクスポート」をクリックします。

 

これで、先ほど選んだファイル形式の画像ファイルが保存されます。

 

GIMP 使い方 基本

check!

「エクスポート」は、
画像ファイルを任意のファイル形式で保存する時に使います。

GIMPで保存すると、XCF形式の画像ファイルが作成されますが、
サイト(ブログ)では、
JPEGやPNG形式などの画像ファイルを使用します。

 

画像ファイルを閉じる

複数画像ファイルを開いていて、選択している画像ファイルだけを閉じる時は、
メニューの「ファイル」→「ビューを閉じる」をクリックします。

 

開いている全ての画像ファイルを閉じる時は、
メニューの「ファイル」→「すべて閉じる」をクリックします。

 

これで、画像ファイルを閉じることが出来ます。

 

GIMP 使い方 基本

 

GIMPを終了する

GIMPを終了する時は、
メニューの「ファイル」→「終了」をクリックします。

 

または、右上の「×」をクリックでも終了することが出来ます。

 

 

操作を元に戻す

GIMPで画像編集をしている時に、
「今の操作を元に戻したい。」と思った時は、

 

「Ctrl + Z」(Ctrlキーを押しながら、Z キーを押す)で、
操作を元に戻すことが出来ます。

 

操作を元に戻した後で、
「やっぱりやり直したい。」と思った時は、

 

「Ctrl + Y」で、操作をやり直すことが出来ます。

 

スポンサーリンク

-画像編集
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.