分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

年間行事

お年玉はいつまであげる?甥や姪が大学生や社会人ならどうする?

更新日:

お年玉 いつまで あげる

 

お正月と言えば・・・そうです。子供達が待ちに待っているお年玉です。
年に一度のお年玉は、子供達にとっては本当に嬉しいものですよね。

 

ですが、あげる側の大人達にとっては、
お年玉一つでもなかなか悩ましいものですよね。

 

「お年玉っていつまで(何歳まで)あげれば良いのかな・・・。」
なんて、お悩みではありませんか?

 

そんなお悩みをスッキリ解消していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

お年玉はいつまであげる?

お年玉は、とりあえず二十歳まで(成人するまで)あげる。
というご家庭が多いようです。

 

私自身も、お年玉は子供が貰うもの。という考えなので、
大人になったら(成人したら)、お年玉をあげる必要はないのかな。と思います。

 

ですが、やはり考え方は人それぞれですので、
「お年玉をあげるのは18歳まで。」
という人もいれば、

 

「年齢は関係なく、就職するまではあげようと思っている。」
という人や、

 

「高校生までで良いのでは?」
という人もいらっしゃいます。

 

そして、子供の年齢だけではなく、あげる側の事情にもよると思います。

 

金銭的に苦しいご家庭や、あげる人数が多くて、かなり負担になるのであれば、
二十歳までではなく18歳まで。

 

としても良いと思いますし、金銭的に余裕のあるご家庭や、
あげる人数が少なくて、特に負担になることもないのであれば、

 

二十歳までと言わず、就職するまで(社会人になるまで)。

 

というように、子供の年齢だけではなく、
各ご家庭の事情によっても、変わってきて良いと思います。

 

大前提として、「お年玉は気持ち」なので、
「絶対にこうしなければ」「みんなと同じようにしなければ」

 

と思う必要は全くなく、各ご家庭の事情などによって、
無理のないようにされるのが一番かな。と思います。

 

甥や姪のお年玉はいつまで?

お年玉は、あげる側と貰う側の関係性(間柄)でも、
いつまであげるのかどうかが変わってくるように思います。

 

日頃から頻繁に会うような、近い関係の甥っ子さんや姪っ子さんと、
年に一度会うか会わないかくらいの、滅多に会わない遠い親戚の子とでは、

 

やはり関係性が全然違いますし、甥っ子さんや姪っ子さんでも、
実の姉(兄)や実の妹(弟)の子なのか、

 

義理の姉(兄)や義理の妹(弟)の子なのかでも変わってくると思います。

 

やはり、あまり親密ではない、遠い親戚の子となると、20歳までとかではなく、
もっと早くにお年玉をあげるのを止めたり、

 

比較的親密な関係の甥っ子や姪っ子となると、
「もう少し長く、就職するまであげようかな。」と思ったり・・・。

 

また、それとは逆に、実の姉(兄)や実の妹(弟)なら、話しやすいから、
お互いに相談して、お年玉をいつまであげるのかを、決めることが出来たり、

 

義理の姉(兄)や義理の妹(弟)には、ちょっと言いにくいから、
なかなかいつまでお年玉をあげるのか、相談できなかったり・・・。と、

 

子供の年齢だけではなく、それぞれの関係性でも変わってきますよね。
お年玉は、あげたり貰ったりと、お互い様なところがあるので、

 

近い関係で話しやすいのであれば、お互いに
「お年玉は子供が何歳になるまでにしよう。」

 

と、相談して決めてしまうのが、一番だと思います。
なかなか相談しにくいなら、20歳まで(成人するまで)で良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

お年玉はいつまでか大学生や社会人でもあげる?

お年玉をいつまであげるのかで、皆さんが一番悩まれるのは、
子供が大学生になった時か、就職して社会人になった時かではないでしょうか?

 

「大学生になったら、もうお年玉は卒業でしょ。」
という人もいれば、

 

「大学生といえどまだ学生だし、学生のうちはあげても良いのでは?」

 

「就職して社会人になって、自分のお給料を貰うようになったら、
お年玉は卒業で良いのでは?」

 

という人もいらっしゃると思います。

 

ですが、そうなると、高校を卒業して大学に行かずに就職する子もいれば、
大学の次に、大学院に進む子もいますよね。

 

そうなってくると、兄弟や姉妹で、お年玉を貰う年数が違ってきてしまい、
平等ではなくなってしまいます。

 

甥っ子さんや姪っ子さんが、一人っ子の場合は、
そこまで気にする必要はないかも知れませんが、

 

やはり兄弟や姉妹となると、平等であるかどうかは大事だと思います。

 

ですので、「どうすれば良いのかな?」と迷ったら、
大学生か社会人かではなく、やはり年齢で決めるのが良いと思います。

 

それが一番平等なのではないでしょうか?

 

まとめ

お年玉はいつまであげれば良いのか?
の答えは、ズバリ二十歳まで(成人するまで)が、一番平等で良いのではないでしょうか。

 

ですが、それぞれいろいろな事情や、考え方もありますし、環境も違います。

 

なので、「こうでなければいけない。」と思い悩まずに、
お年玉は気持ちなので、ご自身の思う通りで良いと思います。

 

大人になっても、お年玉を貰っている人もいるようですし、
やはり人それぞれですからね。

 

お年玉を貰って、大喜びしていた自分の子供の頃を思い出しながら、
喜ぶ子供の顔を思いつつ、楽しみながら考えていただければと思います。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

《関連記事》

赤ちゃんにお年玉は必要?金額と代わりのオススメな物を紹介

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-年間行事
-, , ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.