分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

年間行事

赤ちゃんにお年玉は必要?金額と代わりのオススメな物を紹介

更新日:

赤ちゃん お年玉 必要

 

子供にとってお年玉は、お正月の一大イベントですよね。
年に一度、いろんな人達からお小遣いを貰える、とっても嬉しいものです。

 

子供の頃はあんなに嬉しかったお年玉ですが、
いざ、あげる側になるといろいろと悩む事ありますよね。

 

「赤ちゃんにお年玉ってあげるのかな・・・。」
なんてお悩みではありませんか?

 

そんなお悩みをスッキリ解消していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんにお年玉は必要?

基本的に、赤ちゃんにはお年玉をあげなくて良いと思います。
まだ赤ちゃんだし、小さいし、貰っても分からないし、と考える人が多いようです。

 

ですが、ご自身に子供がいて、お年玉を貰っているなら、
渡さないのもちょっと気が引けますよね。

 

もしそう言う場合なら、生まれたての赤ちゃんであっても、
お年玉をあげても良いと思います。

 

「自分の子が赤ちゃんの時は、貰ってなかったなぁ。」
と、思われるかも知れませんが、現在自分の子にお年玉を貰っているなら、

 

貰うだけと言うのも、居心地があまり良くないものですので、
そこは割り切って渡した方が、後々後悔せずにいられると思います。

 

自分に子供がいない人ならば、
基本的には、まだ赤ちゃんには、お年玉はあげなくて良いと思いますが、

 

もしお正月に親戚で集まると言う人は、他の人達がみんなあげているのに、
自分だけあげてないとなると、何ともバツが悪くなりますので、

 

そう言う時の為に、赤ちゃん用のお年玉を準備されておくことをオススメします。

 

その時、誰もあげてないようなら、
「やっぱり、赤ちゃんにはまだ、お年玉はいらないんだな。」

 

と、分かりますし、みんながあげているようなら、同じようにあげる事が出来ます。
「備えあれば憂いなし」と言いますし、準備しておいて損はないと思います。

 

実の兄妹(姉妹)の子など、近い関係で話しやすいならば、
お年玉はいつから(何歳から)あげるのかを、相談して決めても良いと思います。

 

お年玉はあげたり貰ったりと、お互い様なものなので、
お互いに決めておけば間違いがないですし、

 

一人で悩んでモヤモヤすることもなくなりますよ。

 

お年玉の赤ちゃんへの金額はいくらがベスト?

赤ちゃんにお年玉をあげるなら、金額は1000円が良いのではないかな。と思います。

 

人によっては、500円で良い。と言う人もいらっしゃるようなので、
それでも良いと思うのですが、

 

「お年玉はお札で」と、思われている人も多いと思うので、
それなら1000円がベストかな。と思います。

 

ですが、ご自身に子供がいて、お年玉を貰っているなら、
それと同じ金額にすると言うのも一つの考え方ですね。

 

それなら、あれこれ考えなくても、
同じにしてしまえば悩みもなくなりますし、間違いがないと思います。

 

お年玉は年齢によって上げていくと言う人なら、
赤ちゃん~小学校入学までは1000円、低学年は2000円、高学年なら3000円、
中学生になったら5000円、高校生以上は1万円。

 

と言うように、年齢によって金額を細かく変えて行く人もいらっしゃいますし、

 

私の場合は、お年玉は5000円か1万円の二通りと考えています。
(あれこれ細かく考えるのが面倒なので・・・)

 

なので、こちらもやはり人それぞれですので
「絶対にこれが正解。これは間違い」と言うものでもないので、

 

悩まれた時は、ご自身の思う通りにされるか、
ご夫婦で話し合われてお決めになれば良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんへのお年玉の代わりのおすすめなものを紹介

もし、「赤ちゃんにお年玉(現金)ってなんだか抵抗があるなあ。」
「でも何もあげないのもなぁ・・・。」

 

と、思われるなら、お金の代わりに、本などをあげるのはいかがですか?

 

私自身も、甥っ子が小さい時は、お金をあげるより絵本の方が喜ぶかな。
と思い、絵本をあげました。

 

喜んでもらえましたよ。
小さい子供にとっては、お金を貰ってもいまいちピンとこないですからね。

 

お金の代わりに絵本でも全然良いと思います。

 

「それなら、お菓子をあげるのはどうかしら?」
と思われる人もいるかも知れませんが、お菓子ですと、

 

アレルギーなんかの問題がありますし、お菓子は食べさせない。
と言う方針の人もおられるようなので、あまりオススメしません。

 

近い関係同士で、相手の事情をよく分かっている人なら、
お菓子でも問題はないと思いますが、そうでもないなら、

 

お菓子や食べ物はやめておいた方が良いかも知れませんね。
絵本の代わりに、おもちゃなんかでも喜ばれると思いますよ。

 

【手指のおけいこ布絵本シリーズ】はじめてのほん Baby's Book(あひるさん)

 

赤ちゃんへのお年玉のまとめ

基本的に、赤ちゃんにはお年玉は必要ないのかな。と思いますが、
ご自身の子供にお年玉を貰っているなら、同じようにあげるのがベストだと思います。

 

赤ちゃんへのお年玉の金額は、500円や1000円と言う人が多いようですが、
お金の代わりに絵本や、おもちゃをあげるという選択肢もありますので、

 

「これだ!」と思うものをお選びいただければと思います。

 

また、お年玉をあげる時に、普通に渡すよりもゲーム感覚で、
例えば、ポチ袋を二つ用意して、片方には500円、もう片方には1000円を入れて、

 

どちらかを選ばせてあげるなど、工夫されると楽しいと思います。

 

それでは楽しいお正月をお過ごしくださいませ。

 

 

《関連記事》

お年玉はいつまであげる?甥や姪が大学生や社会人ならどうする?

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-年間行事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.