分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

CAD

AutoCADでブロック作成と属性追加と文字編集する方法

更新日:

AutoCAD

 

AutoCADで作図をしていると、
「この部品よく使うから、一まとめにしたいな~。」
なんて思うことありますよね。

 

そんな時は、ブロックにすると便利ですよ。

 

ブロックは、線や円などの、複数のオブジェクトを一つのかたまりに出来る、
とても便利なものなので、ぜひ作成方法を覚えてご活用下さい。

 

また、属性と呼ばれる文字列をブロックに追加することも出来、
ブロックごとに、文字列を変更出来るので、とても便利です。

 

それでは、それぞれの作成方法を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

AutoCADのブロック作成方法

それでは、ブロックの作成方法をご説明していきます。
今回は下図のような、円が2つのブロックを作成してみましょう。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

まず最初に、 ブロック定義のコマンドを実行するので、
何も選択されてないのを確認して、(何か図形などが選択されていた場合は、
「Esc」キーを押して、選択を解除して下さい。)

 

キーボードの「B」キーを押します。

(「B」はブロック定義の短縮コマンド(エイリアス)になります。
コマンドを実行する方法は、いくつかありますが、一番早くて簡単な、
短縮コマンド(エイリアス)を使った方法で説明していきます。)

 

すると、「ブロック定義」ダイアログボックスが出ますので、
「名前」にブロックの名前を入力し(今回は「buhin01」と入力します。) (図1)、

 

次に、「オブジェクトを選択」をクリックします(図2)。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

すると、「ブロック定義」ダイアログボックスが閉じるので、
ブロックにしたいオブジェクトを選択して、「右クリック」します。

(「Enter」キーを押すでもOK。)

 

AutoCAD ブロック 作成

 

すると、「ブロック定義」ダイアログボックスに戻り、
先ほど選択したオブジェクトが表示されるので、間違いがないか確認します(図3)。

 

次に、「挿入基点を指定」をクリックして(図4) 、

(先ほどと同じように、ボックスが閉じます)
ブロックの基点をクリックして指定します。(今回は円の中心をクリック)

 

AutoCAD ブロック 作成

 

すると、ボックスに戻りますので、
「保持」か「ブロックに変換」か「削除」かを選び(図5)(☆1)、

 

「分解を許可」にチェックを入れて(図6) (☆2)、
「OK」をクリックします(図7)。

 

これでブロックを作成することが出来ます。

 

☆1:「保持」を選ぶと、ブロック作成後もブロックにならずに、
そのままの状態が維持されます。

「円」なら円のまま、「線」なら「線」のままです。
「ブロックに変換」を選ぶと、ブロック作成後はブロックになります。

 

「削除」を選ぶと、ブロック作成後に削除されます。

私はだいたいいつも「ブロックに変換」を選びますが、
用途に応じて使い分けて下さい。

 

☆2: 「分解を許可」にチェックを入れないと、
ブロックを分解出来なくなるので、忘れないようにチェックを入れましょう。

 

スポンサーリンク

 

AutoCADでブロックに属性を追加(属性定義で文字)

それでは、ブロックに属性を追加する方法についてご説明していきます。

 

今回は、下図のような、表面粗さを表す肌記号で、数値の「Ra 25」を属性にして、
変更出来るようなブロックを作成していきましょう!

 

AutoCAD ブロック 作成

 

まず最初に、「属性定義」を作成しますので、
メニューの「作成」→「ブロック」→「属性定義」の順にクリックします。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

すると、「属性定義」ダイアログボックスが出ますので、
各項目を入力していきます。

 

「名称」には、今回は「数値」と入力します(図1)。

※特に表示されないので、自分で分かりやすいものを入力すると良いと思います。
「既定値」には、表示したいものを入力します。

 

今回は、「Ra 25」と人カします(図2)。
「文字設定」で任意のものを選んで(図3)、「OK」をクリックします(図4)。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

すると、ボックスが閉じますので、作成した「属性定義」を配置するために、
任意の箇所をクリックします。(配置した後に移動出来ます。)

 

AutoCAD ブロック 作成

 

これで「属性定義」が作成出来ました。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

後は、作成した「属性定義」を含めてブロックを作成します。
ブロックの作成方法は、上記のAutoCADのブロック作成方法をご覧ください。

 

ブロックを作成する際に、
「ブロック定義」ダイアログボックスの入力が終わって、

 

「OK」をクリックした後に、
「属性編集」のダイアログボックスが出ますので、「OK」をクリックします。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

これで、属性付きのブロックの作成が出来ました。

 

ブロックの属性編集(文字編集)

先ほど作成したブロックの属性を編集するには、
ブロックをダブルクリックします。

 

すると、「拡張属性編集」のダイアログボックスが出るので、
「値」に任意のものを入力し(今回は、「Ra 6.3」と入力します。) (図1)、

「0K」をクリックします(図2)。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

これでブロックの属性を編集することが出来ました。

 

AutoCAD ブロック 作成

 

 

《こちらの記事もご一緒にいかがですか。》

AutoCADでブロックを編集名前変更やサイズ変更や基点変更

AutoCADのダイナミックブロックの作成方法(ボルト)

 

AutoCAD関連の記事一覧

↑ AutoCADについての記事は、こちらの一覧をご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

-CAD
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.