分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

一人暮らし

一人暮らしの初期費用はどのくらい?内訳と家電家具の合計

更新日:

一人暮らし 初期費用 どのくらい

 

「一人暮らし始めたいな~。」
「でも初期費用ってどのくらい必要なのかな?」

 

なんてお悩みではありませんか?

 

 

初めての一人暮らしは分からない事だらけですよね。
一人暮らしは自由で楽しいものですが、お金は絶対に必要です。

 

 

「初期費用ってこんなにかかるなんて、知らなかった・・・。」
と、後から困らないように、しっかり準備しておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの初期費用はどのくらい?内訳を紹介

まず、一人暮らしの初期費用で、どのようなものを
支払わなければいけないのか見ていきましょう。

 

 

私が実際にかかった初期費用の項目は下記になります。

  • 保証金(敷金)
  • 日割家賃(当月分)
  • 家賃(来月分)
  • 共益費
  • 火災保険料(2年)
  • 害虫駆除・防虫
  • 仲介手数料

上記が不動産屋に支払ったもので、合計で約30万円ほどでした。

 

「敷金」とは、退去する時に、生活していて出来てしまった、
部屋の傷などを直して、原状回復をする為のお金で、
入居する際にあらかじめ支払う、預け金のようなものになります。

 

 

基本的には、支払った金額から、部屋の傷などを直すのにかかった費用が、
差し引かれて残りは戻ってきます。

 

 

敷金の他に、「礼金」が必要なこともありますが、
こちらは、大家さんにお礼の意味で支払うお金になりますので、
退去時に返却されることはありません。

 

 

そして他にも

  • 引越し代
  • インターネット初期費用
  • 家具
  • 家電
  • 食器
  • 日用品

などなど・・・。諸々の合計が約40万円ほどでした。
上記を合わせると、初期費用は総額で、約70万円ほどになりました。

 

 

初めての一人暮らしの引越しの時は、家電や家具などを一から揃えるので、
荷物が比較的少なくなり、引越し代は安かったです。

その分、家電や家具を購入するお金が掛かりますが・・・。

 

 

人によって住む場所が違ったり、生活スタイルが違ったりして、
家賃や家電や家具にかかる費用は人それぞれになり、個人差があると思いますので、

 

この限りではなく、金額は人によって前後すると思いますが、
初期費用は最低でも50万円くらいは必要になる。」
と思っておいた方が良いかと思います。

 

 

ご参考にして下さい。

 

一人暮らしの初期費用で家電や家具はどのくらい?

初めての一人暮らしを始める時は、家電や家具
その他生活必需品など、揃える物が山ほどあります。

 

 

その中でも、やはり家電と家具が費用の大半を占めると思いますので、
具体的にどのような物が必要で、どのくらい費用が掛かるのかを見ていきましょう。

 

 

私が実際に、最初に揃えた物は下記になります。
参考にして下さい。

 

【家電】

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • ガスコンロ
  • トースター
  • 掃除機
  • ドライヤー
  • プリンター

などなど、家電で合計16万円ほどでした。

 

【家具】

  • ベッド
  • 食器棚・レンジ台
  • TVボード
  • ランドリーラック
  • 物干し竿
  • 室内干し
  • カーテン
  • ハンガーラック
  • 傘立て
  • 風呂蓋

などなど、家具で合計15万円ほどでした。

 

最初に揃える家電では後は、炊飯器かな。と思いますが、
私は、ご飯はお鍋で炊くようにしているので、炊飯器は置いていません。

 

一人暮らしのキッチンは狭いので、
「出来るだけ置くものを少なくしたいなぁ。」と思いまして・・・。

 

 

他には、私は賃貸で、エアコン完備だったのですが、
エアコンが完備されていない場合は、自分で購入することになります。

 

 

後は、アイロンや空気清浄機・加湿器などもあると良いと思いますが、
一人暮らしが落ち着いてから、ゆっくり揃えられても良いと思います。

私も後から購入しました。

 

 

とりあえず最初は「これだけはないと生活出来ない。」というものだけ揃えて、
それ以外は、生活しながら、ぼちぼち追加していきましょう!

 

 

家電や家具以外で、生活に必要な物を紹介しておくと、

 

  • 洗濯グッズ
  • 掃除道具
  • キッチン用品
  • 収納用品

 

などなどになります。

 

洗濯グッズなら、

 

  • 洗濯洗剤(ナノックスなど)
  • 洗濯ばさみ
  • ハンガー
  • ランドリーBOX

 

などなどで、掃除道具なら、

 

  • マイペット
  • モップ
  • クイックルワイパー
  • お掃除クロス(マイクロファイバー)

 

などなどで、キッチン用品なら、

 

  • フライパン
  • 包丁&まな板
  • カトラリー
  • キッチン用洗剤(ジョイなど)
  • スポンジ

 

などなどで、一人暮らしの引越し当日に必要になるような、
掃除道具などは、早めに準備されておくと良いですよ。

 

 

逆に、生活に必要な物でも、

  • すぐに使わない
  • 大きい物
  • 重い物

 

などは、引越しの時に荷物が増えてしまいますので、
引越しが無事に終わって落ち着いてから、用意されるのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの初期費用を安くするには

一人暮らしを始める時は、結構初期費用がかかりますが、
「少しでも安くしたい!」
と思われる方も多いですよね。

 

初めての一人暮らしなら、揃える物も多いですしね。

 

 

そんなあなたのお悩みを解決すべく、一人暮らしの初期費用を安くする方法
についてご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

私がおすすめする、一人暮らしの初期費用を安くする方法は、

 

  • 敷金・礼金が安い物件を探す
  • 閑散期を狙う
  • キャンペーンを利用する
  • 仲介手数料が安い不動産会社を探す
  • アウトレットを利用する
  • 安い引越しプランを選ぶ

 

などなどになります。

 

「敷金・礼金」は、0円なんていう物件もありますので、
そういう物件を探すのも手ですし、

 

部屋探しには繁忙期と閑散期があって、1~3月は繁忙期となりますので、
初期費用が下がることはほとんどなく、引越し代も高くなりますが、

 

5月中旬くらいから、年末くらいまで(9月は除いて)は、
部屋探しの閑散期になりますので、初期費用が下がる可能性もありますし、

 

引越し代も安く済ませることが出来ます。

 

 

また、キャンペーン期間などで、「敷金・礼金」が安くなる、
というお得なキャンペーンをやっていることもありますので、

 

こまめにチェックするのも大事ですよ。

 

 

そして、家電や家具をアウトレットで購入したり、
人から譲ってもらったりとエ夫すれば、

 

一人暮らしの初期費用を、少しでも安く出来ますし、

 

家電はまとめ買いすると、
少し値引きがありますので、上手に利用しましょう。

 

 

家具については、私はベッドとTVボードも購入したのですが、

 

今使っているものを使うなら、
もう少し、費用を安く抑えることが出来ると思います。

 

 

そして、引越し代を安くするには、「時間指定なし」などの、
お得な引越しプランを選ぶと良いですよ。

 




1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

 

ですが、費用が安く出来る分、時間を選べないので、なかなか不便で、
私は引越しが、朝一番の8時からだったので、かなりバタバタでしたね。

 

 

時間の連絡は前日になるので、
当日家具や家電を配達してもらう時は、注意が必要です。

 

 

安さを取るのか、便利さを取るのか、とっても難しいところですが、
お財布と相談して、上手に決めて下さいね。

 

 

また、荷物が多いと、引越し代が高くなってしまいますので、
荷物を出来るだけ少なくして、引越しの費用を安く抑えられるように、

 

引越しの前に、いらない物を処分しておくことをおすすめします。

 

 

その際、洋服などのいらない物は、捨ててしまうより、
リサイクルに出すなど工夫すると、お小遣い稼ぎも出来ますので、
上手に利用されて下さいね。

 




トレファクスタイル宅配買取

 

一人暮らしの初期費用についてのまとめ

一人暮らしは、自由で楽しくて自分を成長させてくれる素敵なものですが、
やはりお金も必要となりますので、しっかり準備しておくことをオススメします。

 

初期費用は、工夫次第で安く出来ると思いますので、
無理のない範囲で工夫してみて下さいね。

 

 

check!

▼関連記事▼
一人暮らしが初めての方へ準備でやることや生活のコツを紹介

宜しければ、こちらの記事もご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

-一人暮らし
-

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.