分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

一人暮らし

一人暮らしの引越しの手続きや準備は?手順や住所変更について

更新日:

一人暮らし 引越し 手続き

 

住む部屋も決まって、入居日も決まって、後は引越しの日を待つばかり。

と、ウキウキワクワク、嬉しい気分でいっぱいだと思いますが、
浮かれてばかりもいられません。

 

引越しには、やらなければいけない手続きが山ほどあるのです。

 

今まで実家暮らしで、初めて一人暮らしをする人にとっては、
分からない事がいっぱですね。でもご安心下さい。

 

どのような手続き準備が必要なのか、ご紹介したいと思います。
しっかり準備をして、快適な一人暮らしを送りましょう!

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの引越しの手続きや準備は?

それでは、一人暮らしの引越しには、
どのような手続きや準備が必要なのか見ていきましょう。

 

 

まずは、引越し前にする手続きや準備からご紹介します。

 

【引越し前】

  • 家具の配置など部屋のレイアウトを決める
  • TVとDVDレコーダ等のコードの接続を写真に撮っておく
  • ケーブルTVなどの解約
  • 契約書&必要書類の提出(不動産屋へ)
  • 水道、電気、ガスの使用開始の申し込み
  • 家具&家電選び
  • 郵便物の転送サービス(郵便局)
  • インターネットの契約(プロバイダ)
  • 新居の採寸
  • 家具、家電の購入
  • 荷造り(荷物梱包)
  • 新居の鍵&契約書受取り(不動産屋)

 

次に、引越し後にする手続きや準備をご紹介します。

 

【引越し後】

  • ガス開栓立会い
  • インターネット工事
  • 家電、家具、その他荷物の受取り
  • 各住所変更(次項で詳しくご紹介します。)

 

一人暮らしの引越しの手続きや準備は、たくさんありますので、
抜けや忘れてしまうのを防ぐ為に、Excelなどでチェック表を作って、

 

処理が終われば、チェックを入れていくようにするのがおすすめですよ。

 

 

また、ネットで手続きが出来るものもあり、
ネットを活用すると、便利で楽なのでぜひ利用しましょう!

 

 

それでは、各準備や手続きについて、詳しく説明していきますので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

家具の配置など部屋のレイアウトを決める

引越し当日に、新居の部屋に家具を搬入する時に、

 

「ベッドはどこに置こうかな・・・。」
「タンスはあっちの方が良いかな~。」

 

などなどと、のんびり考えている時間はありませんので、
引越しをサクサクと、スムーズに進める為にも、事前に、

 

「ベッドはここに置いて、タンスはここに置こう。」
と、家具の配置を決めて置きましょう。

 

 

後から自分で、いくらでも動かせるような、ミニ机などの軽い家具なら、

 

引越し当日は、適当な場所に置いてもらって、引越しが終わって、
ゆっくり落ち着いてから、部屋のレイアウトを考えれば良いですが、

 

  • ベッド
  • タンス
  • TVボード

 

などの、重くて自分一人では、なかなか動かせない家具の配置は、
引越し当日に、しっかり配置してもらえるように、準備しておくのが良いですよ。

 

 

新居の近くに、友人や家族などが住んでいて、
いつでも家具の配置替えを、手伝ってもらえるという人なら、

 

そこまで気にしなくても良いかもしれませんが、
そうでない場合は、事前にしっかり準備しておきましょう!

 

TVとDVDレコーダ等のコードの接続を写真に撮っておく

TVとDVDレコーダ等、機器類をコード接続している場合は、
引越しの時に、コードを外さなければいけませんので、

 

コードを外す前に、どのように接続していたかが分かるように、
事前にスマホなどで、写真を撮っておくのがおすすめです。

 

 

機械類に強くて、何も見なくても接続が出来るという人なら、不要な作業ですが、
あまりこういった事が得意ではない人は、写真を撮っておくと、

 

引越し後に、自分ですぐに、元通りにコード接続が出来ますので、
忘れずに準備しておきましょう。

 

もちろん私も、全く得意ではないので、しっかり写真を撮っておきましたよ。

 

ケーブルTVなどの解約

ケーブルTVなど、その他有料で契約していて、
新居では利用しないものがあれば、忘れずに解約しておきましょう。

 

(新居でも引き続き利用する場合は、住所変更などの手続きを忘れずに。)

 

 

解約するのを忘れて、使っていないのに、
お金だけ払うなんて事になったら、勿体ないですからね。

 

契約書&必要書類の提出(不動産屋へ)

契約書などの大事な書類は、しっかりと読んで、
必要事項を漏れなく記入して、不動産屋へ提出しておきましょう。

 

 

提出する書類には通常「お客様控え」があって、
どんな風な書類を提出したのか、

 

こちらでも分かるようになっていると思いますが、
「お客様控え」がない書類があれば、提出する前に念の為に、

 

コピーを取るようにして、必要書類はしっかりと管理するようにしましょう。

 

水道、電気、ガスの使用開始の申し込み

初めての一人暮らしの時は、うっかり忘れてしまいそうになりますが、

 

水道、電気、ガスは使用開始の申し込みをしないと、新居で使えませんので、
手続きを忘れない様にご注意下さいね。

 

ネットで手続き出来ますので、忙しくても大丈夫ですよ。

 

家具&家電選び

新居の採寸をするまではサイズが分からないので、購入は出来ませんが、
「どれにしようかな~。」

 

と悩んだりして、結構時間がかかりますので、
早めに選び始めた方が良いと思います。

 

 

初めての一人暮らしの時は、結構な数の家具や家電を、
揃えていくことになりますので、お気に入りの物を買う為にも、

 

出来るだけ早めに、どんな物を買おうか、考えておく事をおすすめします。

 

 

快適な一人暮らし生活を送る為には、家具や家電は大事ですからね。

 

スポンサーリンク

 

郵便物の転送サービス(郵便局)

1年間、前の住所宛に届いた郵便物を、
新しい住所に転送して貰えるサービスがあり、

 

こちらもネットで手続き出来ますので、忘れず手続きされて下さいね。

 

インターネットの契約(プロバイダ)

新居でインターネットを利用される場合は、eo光など、
プロバイダ契約が必要になりますので、こちらもお忘れなくです。

 

 

忘れてしまうと、インターネットが出来なくなってしまいますので、
くれぐれもご注意下さいませ。

 




あなたに最適なプランをご紹介!【光コラボ比較ナビ】

 

新居の採寸

家具や家電を買う際に必要になります。

 

事前に、どの箇所の採寸が必要か考えて、紙に書き出しておいて、
絵を描いたりして、新居の採寸をした時に、

 

どんどん書き込んでいけるように準備しておくと、
当日スムーズに作業が出来ますよ。

 

 

新居の採寸では、

 

  • 洗濯機パンのサイズ
  • 窓のサイズ(カーテン用)
  • ガスコンロ置き場のサイズ
  • ガスコンロのホース長さ
  • お風呂のサイズ(風呂ふた用)
  • 冷蔵庫置き場
  • 食器棚置き場
  • クローゼットのサイズ
  • ドアの高さや幅(入口のサイズ)
  • 天井高(床から天井まで)

 

などなどの箇所のサイズを、測定すると良いでしょう。

また、

 

  • コンセントの位置
  • テレビのアンテナ端子の位置

 

なども、家具や家電の配置を考える時に、必要になってきますので、
新居の採寸時に、一緒に確認しておきましょう。

 

 

新居の採寸をする時は、一人だとなかなか大変なので、
出来れば誰かに、ヘルプを頼んだ方が良いと思います。

 

家具、家電の購入

新居の採寸が終わったら、いよいよ家具と家電の購入です。
家電はまとめ買いすると、少し値引きして貰えますよ。

 

 

家電や家具は、引越し当日に必要な物もありますので、

 

希望日に届けて貰えるように、
早めに購入して、準備しておくことをおすすめします。

 

荷造り(荷物梱包)

引越しの荷造りは、なかなか時間がかかりますし、かなり疲れますので、
早めに取り掛かって、少しずつ進めていきましょう。

 

 

荷物の梱包をするにあたって、コツやポイントがいくつかありまして、

 

  • 荷造りする順番
  • 使う場所ごとに段ボールを分ける
  • 中身をマジックで書く
  • 使うかも知れない物は当日まで開けておく
  • 荷物の重さに注意する
  • 割れやすい物の梱包
  • クローゼットの洋服
  • 靴(くつ)の梱包
  • 段ボールの底の補強

 

などなどに注意して、荷造りを進めていきましょう。

 

荷造りをする時は、順番が大事になりますので、
使用頻度が低い物から荷造りしていって、

 

よく使う物は、最後に段ボールに詰めるように注意して下さいね。

 

 

引越しまでは使わない物、例えば、

 

  • シーズンオフの洋服や靴
  • 念の為に備えて買置きしている日用品

 

などなどから、荷造りするようにしましょう。

 

何も考えずに荷物の梱包をしてしまうと、
やり直しする事になってしまいますので、順番にはお気を付け下さい。

 

 

そして、使う場所、例えば、

 

  • 洗面所
  • お風呂場
  • キッチン
  • 居間
  • クローゼット

 

などなどの、各場所ごとに段ボールを分けておきましょう。
そうすると、引越し後の片付けがやり易くなりますよ。

 

 

そして、段ボールを開けなくても、中身が分かるように、
段ボールの上面や側面に、マジックで大きく、

 

中に入っている物や、使う場所を書いておく事も大事になりますので、
忘れない様にご注意下さいね。

 

 

段ボールの中身を書く時は、上面や側面など、
2~3ヶ所に書いておくと良いですよ。

 

 

1ヶ所だけですと、段ボールを積み重ねて置いた時に、
見えなくなってしまう可能性もありますので・・・。

 

 

そして、
「もしかしたら引越しまでに使うかも知れないな・・・。」

 

と思う物は、とりあえず段ボールに入れて、蓋を閉じずに開けておいて、
引越し当日に、ガムテープで閉じましょう。

 

そうすれば、万が一必要になった時に、段ボールから出してすぐに使えますので。

 

 

そして、本などの重い荷物を梱包する時は、
小さめの段ボールに詰めるようにして、量をあまり入れすぎない様に、

 

1つの荷物の重量が、重くなりすぎない様に注意して下さいね。

 

 

荷物が重すぎると、段ボールの底が抜けてしまって、
引越しがスムーズに進まなくなってしまう可能性もありますので・・・。

 

 

そして、食器などの割れやすい荷物の梱包をする時は、

 

  • プチプチ
  • 新聞紙

 

などで包んでおく事も大事ですよ。

 

そして、引越し業者によっては、クローゼットの洋服を入れる、
「専用のハンガーBOX」がありますので、ぜひ利用されて下さいね。

 

 

私もハンガーBOXを利用したので、わざわざ畳んで、
段ボールに詰めなくて良かったので楽でしたよ。

 

 

靴の梱包ですが、こちらも引越し業者によっては、
「靴専用のボックス」がありますので、そちらを利用されると良いのですが、

 

私が依頼した引越し業者にはなかったので、
100均でボックスを買って、そちらに靴を詰めました。

 

型崩れ防止で、靴の中に新聞紙を丸めて入れると良いですよ。

 

 

そして、段ボールの底は、ガムテープを十字に貼ったり、
端っこもガムテープを貼ったりして、十分に補強して、

 

段ボールの底が、抜けてしまわない様にされる事をおすすめします。

 

 

そして、貴重品は引越しの時も、自分で持つようにして、
段ボールに詰めない様にご注意下さいね。

 

 

私はノートパソコンだったので、パソコンも自分で持って行きました。

 




1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

 

一人暮らしの引越しの住所変更について

引越し後の手続きで大変なのが、住所変更となります。

 

 

これは、人にもよると思いますが、かなりの数になるので、
頑張ってやっていきましょう。

 

 

住所変更をする際は、「住所変更リスト」をExcelなどで作成して、
処理が済んだらチェックを入れるようにすると、漏れがなくて良いと思いますよ。

 

 

それでは、どのような物を、住所変更しなければいけないのか、見ていきましょう。

 

  • 住民票(区役所)
  • 運転免許証(更新センター)
  • 会社への連絡
  • クレジットカード
  • 銀行
  • スマホ
  • 通販(楽天など、ネットで買い物される人)

などなどになります。

 

住所変更は、ネットで手続き出来るものも多いですが、

 

住民票や運転免許証は、区役所や更新センターに
行かなければいけないので注意して下さい。

 

一人暮らしの引越しの手続きや準備のまとめ

引越しをする時は、手続きがたくさんありますので、
漏れがないようにしっかり準備しましょう。

 

 

特に、水道、電気、ガスなどを忘れてしまうと、新居に着いて
「水が出ない!電気が付かない!」
なんてことになってしまいますので、ご注意下さい。

 

 

引越し時の手続きは、面倒くさいし、疲れてしまいますが、
これを乗り切れば、自由で楽しい一人暮らしライフが待っていますので、

 

頑張ってやっていきましょう。

 

 

check!

▼関連記事▼
一人暮らしが初めての方へ準備でやることや生活のコツを紹介

宜しければ、こちらの記事もご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

-一人暮らし
-

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.