分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

CAD

AutoCADのクイック選択コマンド文字だけなどオブジェクト設定

更新日:

Autocad

 

AutoCADでオブジェクトを選択する時に、
文字だけや寸法だけなど、条件を指定して選択したい時ってありますよね。

 

そんな時は、「クイック選択」コマンドを使うと、
素早くオブジェクトの選択が出来るので、とても便利ですよ。

 

画層や高さなど、いろいろな条件を詳細に設定することも出来て、
「クイック選択」コマンドを使いこなせるようになると、

AutoCADでの作図が格段に快適になりますので、
ぜひ使い方を覚えてご活用下さい。

 

スポンサーリンク

 

それでは「クイック選択」コマンドを使って、
オブジェクトを選択する方法を見ていきましょう。

 

今回は、文字(ダイナミック文字)だけを選択したい時について、ご説明していきます。

 

まず最初に、「クイック選択」コマンドを実行するので、
何も選択されてないのを確認して、(何か図形などが選択されていた場合は、
「Esc」キーを押して、選択を解除して下さい。)

 

「右クリック」→「クイック選択」をクリックします。

 

AutoCAD クイック 選択

 

すると、「クイック選択」ダイアログボックスが出ますので、
ここで選択条件の設定をしていきます。

 

まず、「適用先」で検索範囲を指定しますが、
デフォルトでは「図面全体」になっているので、
図面全体から検索する場合は、そのままでOKです(図1)。

 

検索範囲を指定する場合は、
右にある「オブジェクトを選択」ボタンをクリックします(図2)。

 

すると、「クイック選択」ダイアログボックスが閉じますので、
マウスでドラッグして、検索範囲を指定して、「右クリック」で確定させます。

 

すると、「クイック選択」ダイアログボックスに戻りますので、
次は、「オブジェクトタイプ」の四角の中をクリックします。

 

すると、リストが表示されますので、そこから選択したいオブジェクト
(今回は「文字」)をクリックして、選択します(図3)。

 

次に「演算子」の四角の中をクリックして、表示されるリストの中から、
「すべて選択」をクリックして、選択します(図4)。

 

これで、オブジェクトの選択条件の設定が出来たので、
「OK」をクリックします(図5)。

 

AutoCAD クイック 選択

 

すると、文字だけを選択することが出来ます。

 

上記では、「演算子」で「すべて選択」を選びましたが、
これ以外にも細かく条件を設定することも出来ます。

 

例えば、画層を指定したり、高さを指定したりも出来ますので、
それぞれの設定方法を見ていきましょう。

 

それでは、今回は「文字」画層に作成された文字だけを選択したい時の、
設定方法をご紹介したいと思います。

 

まず、上記で説明した通り、「適用先」はデフォルトのままで「図面全体」、
「オブジェクトタイプ」は「文字」を指定します(図1)。

 

次に、プロパティ」で「画層」をクリッ クして選択します(図2)。

 

そして、「値」の四角の中をクリックして、 表示されるリストの中から、
任意の画層(今回は「文字」)をクリックして選択します(図3)。

 

そして、「演算子」の四角の中をクリックして、表示されるリストの中から、
「=等しい」をクリックして選択します(図4)。

 

これで、オブジェクトの選択条件の設定が出来たので、
「OK」をクリックします(図5)。

 

AutoCAD 選択 コマンド

 

すると、「文字」画層に作成された文字だけを選択することが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

高さを指定したい時は、「プロパティ」以外は、上記と同じ様に設定し、
「プロパティ」で「高さ」をクリックして選択したら(図1)、
「値」に文字高さ(今回は「3.5」)を入力します(図2)。

 

そして、「演算子」で「=等しい」を選択して(図3)、
「OK」をクリックすれば(図4)、
文字高さが3.5の文字だけを選択することが出来ます。

 

AutoCAD 選択 コマンド

 

上記では、「演算子」で「=等しい」を選択する方法を、ご紹介しましたが、
例えば、「文字」画層以外の文字だけを選択したい時や、

 

高さが「3.5」以外の文字だけを選択したい。
などの時は「演算子」で「<> 等しくない」を選択します。

 

AutoCAD 選択 文字だけ

 

これで、○○以外のオブジェクトを選択することが出来ます。

 

「クイック選択」コマンドでは、文字(ダイナミック文字)とマルチテキストが、
別でしか選択出来ないので、一括で選択したい時は、
オブジェクト選択フィルタコマンドを使うと便利です。

 

また、「クイック選択」コマンドでは、オブジェクトの選択をする度に、
条件を設定する必要がありますが、「オブジェクト選択フィルタ」コマンドは、

選択条件の設定に、名前を付けて保存することが出来るので、
よく使うものがあれば保存しておくと、とても便利ですよ。

 

「クイック選択」コマンドと、オブジェクト選択フィルタコマンドは、
それぞれ用途に応じて、使い分けていくと良いと思います。

 

 

《こちらの記事もご一緒にいかがですか。》

AutoCADのオブジェクト選択フィルタで複数条件の設定方法

AutoCADの短縮コマンドの一覧よく使う便利ファンクションキー

 

AutoCAD関連の記事一覧

↑ AutoCADについての記事は、こちらの一覧をご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

-CAD
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.