分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

一人暮らし

一人暮らしのキッチン掃除の手順とやり方やポイントについて紹介

更新日:

一人暮らし キッチン 掃除

 

一人暮らしを始めると自由で楽しい反面、
何だって自分でやらなければいけませんよね。

 

お掃除もその1つですが、
キッチン掃除ってどうやれば良いんだろう?」

「実家暮らしをしてた頃はやったことなかったし・・・。」
なんてお悩みではありませんか?

 

でも大丈夫です。

初めての時は、誰だって分からない事だらけですから、
これから知っていけば良いんです。

 

それでは、キッチン掃除の手順とやり方について、しっかり確認しておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしのキッチン掃除の手順について

それでは早速、一人暮らしのキッチン掃除の手順について見ていきましょう!

 

私が実際にやっているキッチン掃除の手順を、
簡単にまとめると、下記の通りになります。

 

1.モップでほこりを取る
2.ガスコンロとコンロ回りをキッチンクリーナーで拭く
3.作業スペースをキッチンクリーナーで拭く
4.シンク回りとシンクの中をジフで磨く
5.クイックルワイパーで床を拭く
6.掃除機をかける
7.キッチンハイターでふきんの除菌

 

と、以上になります。

各工程について、次項で詳しくご紹介していきますね。

 

一人暮らしのキッチン掃除のやり方やポイント

それではお次は、一人暮らしのキッチン掃除のやり方やポイントについて、
詳しく見ていきましょう。

 

 

まず最初に、キッチンの中で見える所

 

  • 棚の扉
  • レンジ台
  • レンジフード
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • トースター

 

などなどのほこりを、ハンディモップで拭き取ります。

 

ほこりを取る際は、高い所から低い所への順番で、
モップをかけていくことが大事になります。

 

 

何も考えずに、下から上にモップをしてしまうと、

 

せっかくほこりを取って、綺麗になった所に、上からまた、
埃が落ちてきてしまいますので、二度手間にならないようにご注意下さいね。

 

 

モップでほこりを取った後は、ガスコンロとコンロ回りの汚れを、
キッチンクリーナーとキッチンペーパーで拭き取っていきます。

 

(キッチンクリーナーは、二度拭きがいらない物がおすすめですよ。)

 

 

こちらも上の方から拭くのが良いので、
まずは、コンロ回りの壁から掃除していきましょう。

 

 

直接壁に、キッチンクリーナーを噴射しても良いですが、

 

やりにくい場合は、キッチンペーパーにクリーナーを噴射してから、
壁などを拭くと良いと思います。

 

 

ガスコンロ回りに、調味料ラックなどを置いている場合は、

 

調味料ラックにも、油が飛んでいる可能性がありますので、
忘れずに汚れを拭き取っておきましょう。

 

 

コンロ回りの後は、いよいよガスコンロのお掃除ですね。

 

ガスコンロはキッチンの中で、1番汚れる所なので、
しっかり綺麗していきましょう。

 

 

まず、ガスコンロのパーツを、作業スペースなどに一旦どけてから、

 

ガスコンロに、直接キッチンクリーナーを噴射して、
キッチンペーパーで拭いていきます。

 

 

ガスコンロのパーツも拭いていきますが、形状などが複雑で、
キッチンペーパーだと拭きにくい物もありますので、

 

そんな時は、お掃除クロス(マイクロファイバーで油汚れも取れる物)
を使って拭いていくと良いですよ。

 

 

ガスコンロが終わったら、次は作業スペースですね。

 

こちらも、直接キッチンクリーナーを噴射して、
キッチンペーパーで拭いていきます。

 

 

一人暮らしのキッチンですと、作業スペースは狭めだと思いますので、
お掃除も比較的楽ちんですね。

 

 

そして、作業スペースが終わったら、次は、シンクの中とシンク回りです。

 

シンク回りに置いているスポンジ立てなどを、
作業スペースなどに一旦どけてから、

 

シンクの中にジフ(クリームクレンザー)を適量かけて、
水を含ませて軽く絞ったスポンジで、蛇口、シンク回り、
シンクの中を磨いていきます。

 

 

排水口を掃除する時は、排水口専用のスポンジ又はブラシを作って、
他の場所とは掃除道具を分けたり、

 

布切れ(不要になったTシャツなどを細かく切ったもの)で拭いて、
汚れたらそのまま捨てるようにすると良いですよ。

 

 

排水口カバーと排水口ゴミ受けも、スポンジで磨きますが、
溝など細かい部分が汚れている時は、

 

歯ブラシなどで磨くと、綺麗に汚れを取ることが出来ます。

 

 

シンク回りとシンクの中をジフで磨いたら、水かぬるめのお湯で洗い流します。
洗い流す時は、床などに水滴が垂れないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

シンクの中とシンク回りが終わったら、次は床掃除をします。

 

 

まず、クイックルワイパー(床用)で、床の角や端っこやレンジ台の下など、
掃除機が入らない箇所のほこりやゴミを拭き取ります。

 

 

それから、掃除機をかけます。

 

その後は、キッチンハイターで、台ふきんと皿ふきんの除菌をします。

 

(本当は毎週するのが良いと思いますが、私はそれぞれ隔週で、
今週は台ふきん、次週は皿ふきんと分けてやっています。)

 

 

洗い桶などに、水とキッチンハイターを入れ、
そこにふきんを浸し、3分ほどおきます。

 

その後、よく洗い流して下さい。

 

 

キッチンハイターと水の量などは、キッチンハイターに書かれているので、
よく読んでから注意してやりましょう。

 

 

(キッチンハイターを使用する時は、必ず手袋をはめて下さい。
服や体に、キッチンハイターが飛ばないように慎重に作業しましょう!)

 

 

以上で、キッチン掃除は完了となります。

 

キッチン掃除の順番は、ガスコンロからシンクへと、
水から遠い所から先にしていくのがポイントです。

 

(楽天大感謝祭 ポイント最大44倍)マキタ コードレス掃除機 掃除機 充電式クリーナー CL182FDRFW マキタ コードレス掃除機 【楽ギフ_包装】(送料無料・沖縄・北海道・北東北は別途送料を頂きます)

 

キッチンのスペシャル掃除

週に1回のペースでやるにはちょっとしんどいですが、

 

「なんだか汚れてきたな・・・。」
と思ったら、月に1回か、2~3ヶ月に1回などのペースで、

 

  • レンジフード(換気扇)
  • キッチン家電
  • ゴミ箱
  • 排水口

 

などなども、いつもの掃除にプラスアルファでやっておくと良いですよ。

 

レンジフードのシートの交換をする時に、
キッチンクリーナーで油汚れを拭き取るようにしたり、

 

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • トースター

 

などなどの、キッチン家電のお掃除もお忘れなくです。
ゴミ箱もよく見ると汚れていたりするので、チェックしてみて下さいね。

 

 

キッチンのスペシャル掃除は、一気に全てやろうとすると疲れてしまいますので、
ちょっとしたすきま時間に、ちょこちょこやっていくのがおすすめですよ。

 

私は会社に行く前に、ちょこっと余裕がある時に、少しずつやったりしてます。

 

一人暮らしのキッチン掃除の手順とやり方のまとめ

日頃、自炊をする人だと、キッチンは一番汚れる所なので、
綺麗にするのも時間がかかると思いますが、頑張って掃除をやっていきましょう。

 

 

ですが、最初から全て完璧にやる必要はないと思います。

 

 

慣れるまでは大変だと思いますので、
初めは「今週はここまでやって、続きは来週やろう。」みたいな感じで、
出来ることから少しずつやっていけば良いと思いますよ。

 

 

最初は大変!と思っていたことでも、
慣れてくると、案外平気になったりしますので、慣れるまでの辛抱です。

 

 

check!

▼一人暮らしの掃除(その他の場所)についてのまとめ▼
一人暮らしの掃除の頻度や道具や手順を知って家を綺麗にしよう!

▼おすすめ記事▼
一人暮らしのキッチンて狭いなの対策や工夫は?作業台や収納スペース

宜しければ、こちらの記事もご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

-一人暮らし
-

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.