分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

暮らし

コンタクトのハードのケア用品とお手入れと化粧汚れの洗い方紹介

投稿日:

コンタクト ハード ケア用品

 

コンタクト (ハード)を使い始めたばかりの頃は、
不安や分からない事でいっぱいですよね。

 

「コンタクトのハードのケア用品って、どんな物があるのかな?」
「ハードコンタクトのお手入れって、どうしたら良いの?」
なんて、お悩みではありませんか?

 

そんなあなたの為に、私が使っている、コンタクトのハードのケア用品と、
お手入れ方法について、ご紹介したいと思いますので、参考にして下さい。

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

コンタクトのハードのケア用品を紹介

私が使っている、コンタクトのハードのケア用品は下記になります。
まずは、毎日のお手入れで使用している物から、ご紹介していきます。

 

  • 洗浄保存液(メニコン02 (オーツー)ケア)
  • タンパク除去剤(プロテオフ)
  • ハードコンタクト保存容器

 

次に、1週間か2週間に1回くらいの、
スペシャルケアで使用している物をご紹介します。

 

  • ジェルクリンSi(化粧品などの油性の汚れも除去)

 

そして、おまけで今は使っていませんが、
以前使っていた物もご紹介しておきます。

 

  • プロージェント (タンパク洗浄液〕

 

こちらは、月1回使用するもので、専用容器に液を入れて、
コンタクト(ハード)を浸けておきます。

 

私は、以前はこちらを使っていましたが、浸けておくのが面倒くさいので、
毎日1滴のタンパク除去剤(プロテオフ)に変えました。

 

  • 酵素洗浄保存液(02(オーツー)ケアミルファ)

 

これは、1本でタンパク除去も出来るもので、以前使ったことがあるのですが、
私には合わなかったので、今は使っていません。

 

コンタクトのハードのお手入れのやり方は?

それでは、コンタクトのハードのお手入れのやり方について、
ご紹介していきたいと思います。

 

まずは、毎日のお手入れの、ざっくりとした流れから見ていきましょう。

1.手を石鹸で洗う
2.コンタクトを外す
3.コンタクトを洗う
4.コンタクトを保存容器に入れる

 

それでは、毎日のコンタクト (ハード)のお手入れ方法について、
詳しく見ていきましょう。

 

まず、コンタクトを外す前に、手を石鹸で綺麗に洗います。

 

そして、コンタクトを流してしまわないように、
洗面台の排水口に栓をしてから、コンタクトを外します。

 

外したコンタクトの、レンズの凹面が、上にくるように手のひらに置いて、
コンタクトのくぼみに、洗浄保存液(オーツケア)を数滴入れて、

もう片方の手の、人差し指か中指で、
コンタクトのくぼみに沿わせて、数回こすり洗いをします。

 

その後、保存容器の蓋に、コンタクトをセットします。

 

もう片方のコンタクトも、同じように洗浄して、
保存容器の蓋にセットしたら、水道水で洗い流します。

 

そして、コンタクトの保存容器に、洗浄保存液(オーツーケア)を入れて、
タンパク除去剤(プロテオフ)を、左右各1滴ずつ入れたら、
コンタクトをセットした蓋を閉めて、お手入れは完了です。

 

少し面倒くさいと、思われるかも知れませんが、
コンタクトを外す前には、手を石鹸で綺麗に洗うことを、おすすめします。

 

私も以前は、
「面倒くさい。」
と思って、洗ってなかったのですが、洗うようになってから、
コンタクトの持ちが良くなったように思います。

 

手が汚れていると、コンタクトにも汚れが付いてしまって、
それが蓄積されると、コンタクトの使用期限を、

縮めてしまうことにもなりかねませんので、少し面倒くさいですが、
手を石鹸で洗うことをおすすめします。

 

また、コンタクトを外す時は、忘れずに、洗面台の排水口に栓をしましょうね。

 

ついつい面倒で、やらなかったりすると、コンタクトを流してしまって
「あ~栓しておけば良かった・・・。」
と、とんでもなく悲しい後悔をすることになりますので、ご注意下さい。

 

コンタクトを流してしまった時は、本当にへこみます。

 

そして、コンタクトのこすり洗いをする時は、強い力でこすると、
コンタクトに傷を付けたり、割れてしまったリするので、

あまリカを入れすぎないように、
優しくこすり洗いをするように、注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

コンタクトのハードの化粧汚れの洗い方

上記では、毎日のハードコンタクトの、お手入れ方法についてご紹介しましたが、
毎日のお手入れでは、落としきれない汚れ(化粧汚れなど) もあり、

 

「最近、コンタクトが曇ってきたな。」
「目の充血がひどくなってきたな。」

と感じた時に、私がやっている、コンタクト (ハード)の化粧汚れの洗い方を、
ご紹介していきたいと思います。

 

それは、「ジェルクリンSi」を使った、コンタクトのこすり洗いです。

 

それでは、どのように使用するのか見ていきましょう。

 

まず、毎日のお手入れ時と同様に、手を石鹸で綺麗に洗ってから、
コンタクトを外して、レンズの凹面が上にくるように、手のひらに置きます。

 

そして、コンタクトのくぼみに、ジェルクリンSiを適量入れて、
もう片方の手の、人差し指か中指で、コンタクトのくぼみに沿わせて、
数回こすり洗いをします。

(この時、毎日のお手入れの時よりは、少し強めにこすり洗いしてます。)

 

その後、コンタクト (ハード)を水道水でよく洗い流して、
保存容器に、洗浄保存液(オーツーケア)を入れて、

タンパク除去剤(プロテオフ)を、左右各1滴ずつ入れたら、
コンタクトをセットした蓋を閉めて、お手入れは完了です。

 

こちらのスペシャルケアは、1週間か2週間に1回くらいのペースでやっています。

 

コンタクトのハードのケア用品とお手入れのまとめ

初めてコンタクトを使う時は、不安でいっぱいで、
お手入れも、大変に思われるかも知れませんが、

慣れてくると、そんなに大変に思うこともなくなってくるので、
慣れるまでの辛抱です。

 

大切な目とコンタクトを守る為に、
毎日のお手入れはしっかりとやっていきましょう!

 

スポンサーリンク

-暮らし
-

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.