分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

CAD

AutoCADのビューポートの尺度変更と移動の方法について

更新日:

AutoCAD

 

AutoCADでは、レイアウト空間(ペーパー空間) に、
ビューポートを作成して、ビューポートの尺度を変更することで、
尺度の違う複数の図を、1枚の図面内に印刷することが出来ます。

 

そして、ビューポートは作成した後で、移動させることが出来ますので、
ビューポートの尺度変更と、ビューポートの移動について、
ご説明していきたいと思いますので、ぜひ使い方を覚えて、ご活用下さい。

 

スポンサーリンク

 

AutoCADのビューポートの尺度変更

それでは、「ビューポート」の、尺度の変更方法をご説明していきます。

 

尺度の変更方法には、いくつかやり方がありまして、
それぞれ説明していきますので、
ご自身の使いやすいものを、使われると良いと思います。

 

まず最初に、「ビューポート」をクリックして選択します。

ここまでは共通で、この後の作業が異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

 

1つ目の方法は、「ビューポート」ツールバーを使用する方法で、
ツールバーの「ビューポート尺度コントロール」に、
直接、任意の尺度(今回は1: 1)を入力するか、

右にある、下向き矢印マークをクリックして、表示されるリストから選択するか、
どちらかで尺度を変更することが出来ます。

 

AutoCAD ビューポート 尺度変更

 

2つ目の方法は、
画面右下にある「選択されたビューポートの尺度」を使用する方法で、

クリックすると、リストが表示されますので、
そこから任意の尺度(今回は1:1)をクリックして選択します。

 

AutoCAD ビューポート 尺度変更

 

※リストに任意の尺度が表示されない時は、自分で尺度を追加することが出来ます。
その方法は、リストの下部にある「カスタム」をクリックします。

 

AutoCAD ビューポート 尺度変更

 

すると、「図面尺度を編集」ダイアログボックスが出ますので、
「追加」をクリックします(図1)。

 

AutoCAD ビューポート 尺度変更

 

すると、「尺度を追加」ボックスが出ますので、それぞれ入力していきます。
今回は例として、「1:60」の尺度を作成してみます。

 

「尺度名」には「1 : 60」(図2)、
「尺度プロパティ」の「作図単位」には「1:60」と入力して(図3)、
「OK」をクリックします(図4)。

 

AutoCAD ビューポート 尺度変更

 

これで、「1 :60」の尺度が作成出来ましたので、「0K」をクリックして(図5)、
「図面尺度を編集」ダイアログボックスを閉じます。

 

3つ目の方法は、
「右クリック」→「オブジェクトプロパティ管理」をクリックします。

 

AutoCAD ビューポート 移動

 

すると、「プロパティ」のボックスが出ますので、
「その他」→ 「標準尺度」をクリックして、
表示されるリストから、任意の尺度(今回は1:1)をクリックして選択します。

 

AutoCAD ビューポート 移動

 

これで、「ビューポート」の尺度の変更をすることが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

AutoCADのビューポートの移動

「ビューポート」は作成した後で、位置を移動させることが出来ますので、
その方法についてご説明していきたいと思います。

 

まず最初に、移動コマンドを実行するので、何も選択されてないのを確認して、

(何か図形などが選択されていた場合は、
「Esc」キーを押して、選択を解除して下さい。)

 

キーボードの「M」キーを押します。

(「M」は「移動」の短縮コマンド〔エイリアス)になります。
コマンドを実行する方法は、いくつかありますが、
一番早くて簡単な、短縮コマンド(エイリアス)を使った方法で説明していきます。)

 

すると、コマンドラインに「オブジェクトを選択」と出るので、
移動させたい「ビューポート」を「クリック」して、「右クリック」で確定します。

 

次に、基点をクリックして、移動させたい箇所をクリックします。
これで、「ビューポート」の移動が出来ました。

 

上記の方法以外にも、
グリップを使って移動することも出来ますので、ご紹介していきます。

 

何も選択されてないのを確認して、移動させたい「ビューポート」をクリックします。

すると、グリップが表示されるので、
グリップの1つにカーソルを合わせて、クリックします。

 

AutoCAD ビューポート 移動

 

すると、コマンドラインに「ストレッチモード」と出るので、
「Enter」キーを1度押して、「ストレッチモード」→「移動」に変更してから、

 

AutoCAD ビューポート 移動

 

マウスでドラッグして、任意の場所をクリックします。
これで、「ビューポート」を移動させることが出来ますので、
どちらか、使いやすい方を選んで下さいね。

 

 

span style="border-bottom: dotted 4px orange;">《こちらの記事もご一緒にいかがですか。》

AutoCADのビューポートの編集とロックとサイズ変更について

AutoCADのビューポート作成と印刷しない設定(矩形や多角形や円)

 

AutoCAD関連の記事一覧

↑ AutoCADについての記事は、こちらの一覧をご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

-CAD
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.