分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

年間行事

雛人形を飾る場所はどこがおすすめ?期間はいつからいつまで?

更新日:

雛人形 飾る 場所

 

3月3日はひな祭り。ひな祭りと言えば「雛人形」

 

と言うことで、娘さんをお持ちのご家庭では、
毎年、雛人形を飾られる事も多いと思います。

 

 

 

ですが、今年初節句を迎えられる方にとっては、

 

「雛人形を買ったは良いけど、飾る場所はどこが良いのかな?」
「雛人形を飾る期間は、いつからいつまで?

 

などなど、分からない事だらけですよね。

 

 

 

初めての時は、誰だって戸惑ってしまいますが、大丈夫です。
ここで、しっかりひな人形の飾る場所や期間について、確認しておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

雛人形を飾る場所はどこがおすすめ?

雛人形を飾る場所ですが、はっきりとした決まりがあるわけではないので、
どこでも大丈夫なのですが、リビングに飾られているご家庭が多いですね。

 

 

そして、段飾りの大きくて豪華なひな人形ではなくて、
お内裏様とお雛様、三人官女のガラスケース入りの雛人形などですと、

床の上にそのまま置くのではなく、
低いテーブルやサイドボードの上に乗せて、飾ってらっしゃるケースが多いです。

 

ですが、リビングは狭くて、雛人形を飾る場所がない。
なんてご家庭では、和室や床の間、寝室や玄関などで、

床の上にそのままではなく、低いテーブルや低めのタンスの上などに、
飾っていらっしゃる様です。

 

ちなみに我が家でも、私が小さい頃に雛人形
(お内裏様とお雛様、三人官女のガラスケース入り)を飾っていたのですが、

その時は、リビングの横の和室に床の間があったので、
そこに小さいテーブルを置いて、その上に飾っていましたよ。

 

寝室に飾っていると、初節句のお祝いの時に、皆にお披露目出来ないな・・・。
とお考えでしたら、普段は寝室に飾っておいて、
人が集まる時だけ、リビングに移動させるというのはいかかでしょうか。

 

ガラスケースに入った物や、3段くらいの、あまり大きくない雛人形でしたら、
ご夫婦お二人でなら、移動させるのも大丈夫だと思います。

 

その時は、リビングが狭くなってしまいますが、
少しの時間だけですから、ご辛抱下さいね。

 

各ご家庭によって
「一番ここが飾りやすい。」

という場所は、違ってくると思いますので、
ご自身の飾りやすい場所に、飾られると良いと思います。

 

ですが、キッチンなどは、雛人形が汚れてしまう可能性が高くなりますので、
避けられた方が良いですし、暖房が直接当たる場所や、窓際ですと、

直射日光が当たったり、昼夜の寒暖差が激しくなって、
ひな人形が傷んでしまう可能性もありますので、避けられた方が良いと思います。

 

「ガラスケースに入っているから、大丈夫でしょ。」
と思われるかも知れませんが、ガラスケースの中は空気がこもって、
カビが発生しやすくなりますので、加湿器の近くなどもご注意下さいね。

 

雛人形は、子供の健やかな成長を願うものなので、大切に扱うようにしましょう。

また、小さいお子様が触って動かしてしまったり、高い所に飾ると、地震が心配。
と思われた時は、「免震パッド」をお使いになると良いと思います。

 

ホームセンターなどで買えますので、ぜひご利用下さいね。

 

スポンサーリンク

 

雛人形を飾る期間はいつから?

一般的に、雛人形を飾る時期は、
立春(節分の翌日)から、2月中旬にかけてが良いと言われていますので、

遅くても、ひな祭り (3月3日)の一週間前までには、
雛人形を飾り終えておく様に、されると良いと思います。

 

地域によっては、旧暦で行う所や、新暦で出して、旧暦まで飾るなど、
地方によって異なる場合もある様ですが、
そこまでシビアにならなくても良いのかな?と思います。

 

ひな祭り (3月3日)の当日ギリギリに、雛人形を飾る人もいらっしゃいますが、
一夜飾り(ひとよかざり)と言って、縁起が良くないと言われていますので、
早めにご準備されることをおすすめします。

 

雛人形を飾るのはいつまで?

雛人形を飾るのはいつまでかと言う、厳密な決まりがあるわけではありませんが、
一般的には、3月3日のひな祭りが終われば、雛人形を片付け始めるご家庭が多い様です。

 

「ひな祭りの雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる。」と言われていますが、
(私も昔母から言われ、ビクビクしていましたが・・・。)
こちらは全くの迷信の様です。

 

雛人形を長い間いつまでも飾っていると、人形が傷んでしまう恐れがあるし、
雛人形を出しっぱなしで、ほったらかしにしているとだらしがないので、
そんな事をしていたら、嫁の貰い手がなくなるよ。

との事で、そう言われたリするそうです。

 

なので、ひな人形が傷んだり、汚れたりしてしまう前に、
早めに片付けるようにした方が良さそうですが、
こちらも地域によって違いがある様で、

田舎などでは、4月3日(旧暦の桃の節句)まで雛人形を出している所もあり、
4月3日 (旧暦の桃の節句)にお祝いをする家庭もあるそうです。

 

なので、そこまで焦って雛人形を片付ける必要もないのかな。
と思いますが、ひな人形はなかなか場所を取りますので、

ひな祭り (3月3日)が終われば、一目散にしまってしまいたい。
と思われる人も多いかも知れませんね。

 

雛人形を片付ける日は、お天気の良い晴れた日の昼間を選んで、
ひな人形の埃などを取ってあげると良いと思います。

 

ガラスケースの中などにも、埃が入り込んでいたリしますので、ご注意下さいね。

 

ちなみに私は小さい頃、
ダラダラといつまでも片付けない、だらしないお子様でした。
お恥ずかしい・・・。

 

雛人形を飾る場所と期間のまとめ

雛人形を飾る場所や期間(いつからいつまで)には、
基本的に決まりはありませんので、

各ご家庭でいい感じにされると良いと思いますが、
「初節句で迷ってしまう。」という人は、当記事を参考にされると良いと思います。

 

それでは、楽しいひな祭りを素敵な雛人形と共に、お過ごし下さいませ。

 

 

《こんな記事もあります!》

ひな祭りのお祝いは何する?いつするかや食べ物と食事の献立の提案

風邪を予防する食べ物と飲み物や対策グッズで効果的な物を紹介

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-年間行事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.