分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

年間行事

ひな祭りのお祝いは何する?いつするかや食べ物と食事の献立の提案

更新日:

ひな祭り お祝い 何する

 

初めてのひな祭りでお祝いをするママさんにとっては、

 

「ひな祭りのお祝いって、みんなどんな事をしているのかな?」
「ひな祭り (3月3日)が平日の時は、いつすれば良いんだろう・・・。」

 

などなど、分からない事がいっぱいで、頭の中が「?」だらけ。
なんて人も多いのではないでしょうか。

 

 

ここでしっかり、ひな祭りのお祝いについて確認して、
ご家族や祖父母の方々と、楽しいひな祭りのお祝いを過ごしましょう!

 

スポンサーリンク

 

ひな祭りのお祝いは何する?

ひな祭りのお祝いには、ご家族や祖父母の方々、
また、子供さんのお友達などと集まって、みんなで食事をしたり、

 

ケーキや綺麗な和菓子などの、スイーツを食べながらお茶をしたり、
記念写真を撮ったりして、過ごされているご家庭が多いですね。

 

 

ですが、ご家庭によっては、祖父母の方々が遠方にお住まいだったり、
諸々の事情などで、『日本的な行事をしない。』

 

という人達もいらっしゃるので、ひな祭りのお祝いは、
家族だけでするというご家庭や、その年の都合によって毎年違って、

 

一昨年は家族だけで、ひな祭りのお祝いをしたけど、
去年は実の両親を招いて、ひな祭りのお祝いをしたり、

 

今年は義理の両親を招く予定など、と様々なようです。

 

 

ひな祭りのお祝いについては、特に、
「こうしなければいけない!」

 

という決まりが、あるわけではありませんので、各ご家庭にとって、
一番やりやすいようにされるのが一番かなと思います。

 

 

家族だけではちょっと寂しいけど、祖父母を呼ぶのもちょっと・・・。

 

と思われる方は、仲の良いママ友達と一緒に、料理やお菓子などを各自持ち寄って、
みんなでワイワイされるのも楽しいのではないでしょうか。

 

 

また、お子様の年齢に合わせてですが、

  • 一緒に料理やデザート作りをしたり、
  • 野菜を可愛く飾り切りしたリ、
  • ゆで卵で、お雛様とお内裏様を作ったり

 

と、ひな祭りのお祝いっぽくなるように、エ夫されたり、
お部屋の飾りつけなどをされても楽しいと思いますよ。

 

 

お子様が絵を描く事や、折り紙などのエ作がお好きでしたら、

  • みんなで絵を描いたり、
  • 折り紙を折ったり

 

して遊ぶのも、子供さんも喜ばれて、
ひな祭りのお祝いの、素敵な思い出になるかも知れませんね。

 

 

また、着物(初詣や年始回りに着るもの)などがあれば着物を、

 

なければ、よそ行きのワンピースなどを、子供さんに着せてあげて、
雛人形やお料理などを囲んで、みんなで写真撮影をされたり、

 

写真スタジオに行って、可愛い衣装を着せてあげて、
家族写真を撮るのも、きっと楽しいですよ。

 

 

ひな祭リのお祝いの、毎年の恒例行事にすれば、
子供さんの成長も目に見えて分かりますし、記念になると思いますのでおすすめです。

 

 

そして、遠方に住まれていて、ひな祭りのお祝いを
一緒に過ごせなかった祖父母の方々へは、

 

写真スタジオや、ひな祭りパーティーの時に撮った写真を、
送ってあげると、とても喜んで貰えると思いますよ。

 

ひな祭りのお祝いはいつする?

ひな祭りは3月3日なので、当日にひな祭りのお祝いが出来れば、
一番良いとは思いますが、3月3日が平日の場合は、

 

「当日にお祝いをするのが良いのか、それとも、
ひな祭りに近い土日にしても良いのか・・・。」

 

とちょっと悩まれますよね。

 

 

ですが、特に当日に拘らずに、
3月3日近辺の土日に、ひな祭りのお祝いをされるご家庭が多いようです。

 

 

平日ですと、ご主人様が仕事で遅かったり、
働いている奥様ですと、お料理などの準備が大変ですからね。

 

 

なので、ご家族が全員揃いやすい事や、
料理などの準備がしやすい事を優先させて、

 

ひな祭りのお祝いは当日にやらずに、
3月3日に近い土日にされるご家庭が多いようですので、参考にされて下さいね。

 

 

また、個人的にはお祝い事は前倒しで。

 

と思っていますので、3月3日のひな祭りを過ぎてからではなく、
3月3日のひな祭りより前に、お祝いをされると良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

ひな祭りのお祝いの食べ物や食事の献立

ひな祭りのお祝いで食べる物と言えば、
「ちらし寿司」というご家庭が多いと思いますが、中には

 

「ちらし寿司は子供が苦手で・・・。他に何か良い案はないかしら?」
とお悩みのママさんもいらっしゃると思います。

 

 

そんな時は、「手まり寿司」や「おにぎり」にされてはいかがでしょうか。

 

 

手まり寿司は、寿司飯を一口大に丸めて、
それをお刺身でクルっと包んだ物になるのですが、

 

丸くて小さくて可愛いので、お子様も喜ばれると思いますよ。

 

 

おにぎりは、ちらし寿司などに比べると、地味に思われるかも知れませんが、
三角おにぎりを作って、海苔を着物を着ている風に巻いて、

 

顔などを作って、お内裏様とお雛様風にされると、
ひな祭りっぽくて可愛いと思いますので、おすすめです。

 

 

また、いなり寿司を食べられるご家庭もあるようです。

 

 

ご飯物が決まったら、
「おかずは何にしようかな?」と悩まれると思いますので、

 

おすすめの物をご紹介したいと思います。

 

 

下記にまとめましたので、ご参考にされて下さいね。

 

  • はまぐりのお吸い物
  • 菜の花のお浸しor白和え
  • 天ぷら(フキノトウ、タケノコ、タラの芽など)
  • 煮物(かぼちゃ、タケノコ、高野豆腐と花麩など)
  • 唐揚げ
  • アサリの蒸し焼き
  • 茶わん蒸し
  • 焼き魚
  • 鯛やタコのカルパッチョ
  • 具沢山サラダ(エビ、イカ、プチトマト、卵など)
  • 生ハムサラダ

 

などなどになります。

 

煮物などの飾りつけには、花の形に型抜きした人参や薄焼き卵、
斜めに切った絹さやなどがおすすめですし、

 

ひな祭り時期になると、可愛い形の生麩なども売り出されるので、
お吸い物に入れるなどされると、

 

食卓がパッと華やかになって、きっと子供さんも大喜びされますよ。

 

 

「おかずを沢山作る時間がない!」

 

なんて時は、いちごなどのフルーツを飾られると、
一気に彩りが綺麗になって、豪華に見えますので、ぜひお試し下さいね。

 

 

食後のデザートには、

  • ひし形のひなケーキ
  • 桜餅などの和菓子
  • ひなあられ

などをご用意されてはいかがでしょうか。

 

ひな祭りのお祝いのまとめ

ひな祭りのお祝いには、みんなで食事をしたり、
ケーキや和菓子などのスイーツを食べてお茶をしたり、

 

記念写真を撮ったりして、過ごされているご家庭が多いですが、
お祝いされるのは、ご家族だけだったり、

 

祖父母の方々と一緒だったりと様々ですので、各ご家庭で一番やりやすい形で、
ひな祭りのお祝いをされるのが良いと思います。

 

 

遠方からはるばる、祖父母の方々に来て頂いた時などには、
ちょっとしたプレゼント

 

(お子様の生まれてから今までの写真で作った、簡単なアルバムなど)
をご用意されると、喜ばれると思いますのでおすすめですよ。

 

 

それでは、楽しいひな祭りのお祝いをお過ごし下さいませ。

 

 

《こんな記事もあります!》

雛人形を飾る場所はどこがおすすめ?期間はいつからいつまで?

風邪を予防する食べ物と飲み物や対策グッズで効果的な物を紹介

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-年間行事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.