分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

仕事

ExcelのCOUNT関数の使い方(数値表示セルの数を数える)

更新日:

COUNT関数

 

毎日の仕事やそれ以外でも、Excelはとても使用頻度の高い、
なくてはならないソフトですよね。

その中でも、Excelの「関数」という魔法のツールを使いこなせるか否かで、
パソコン作業のスピードが驚くほど違ってきます。

 

例えば、集計表の中で、数値が入力されている項目の数が知りたい時、

Excelの「COUNT(カウント)関数」を使えば、あっという間に計算することが出来ます。

 

それでは、COUNT関数の使い方についてご説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

COUNT関数とは

まずは、COUNT(カウント)関数とはどういう関数で、
どのような時に使えば良いのかについてご説明します。

 

COUNT(カウント)関数は、数値が入力されたセルの個数を数える関数で、
集計データの表の中で、数値が入力されている項目の数が知りたい時などに使います。

 

大量のデータを分析するのに、とても役立つ関数になるので、
しっかり学んでいきましょう。

 

COUNT関数の使い方(数値表示セルの数を数える)

それでは、COUNT(カウント)関数の使い方についてご説明していきます。

 

例えば、支店別の販売台数が集計された表で、
調査済み(数値が入力されている)の支店の数を知りたい時は、

計算結果(答え)を入力したいセルをクリックし、

『=COUNT(値1,値2,・・・)』と入力します。

 

この時、手入力でも良いのですが、「関数の挿入」ボタンを使った方が、

簡単に関数の計算が出来、関数を使い慣れていない初心者さんには
特におすすめなので、そちらの方法で説明していきます。

 

まず最初に、
計算結果(答え)を入力したいセル(今回は「E1」)をクリックし(図1)、

次に、列番号のすぐ上にある「関数の挿入」ボタンをクリックします(図2)。

 

COUNT関数

 

すると、「関数の挿入ダイアログボックス」が出るので、
関数名で「COUNT」を選択し、「OK」をクリックします。

 

(「関数名」に任意のものが表示されていない時は、
上部にある「関数の検索」に関数名を入力し、

「検索開始」をクリックすると、関数が表示されます。

※関数の検索についての詳細はこちらをご覧下さい。
関数名が分からない時の入力方法

 

そうすると、「関数の引数ボックス」に切り変わるので、
「値1」に販売台数の範囲を入力します。

今回は「B2~B6」のセルをマウスでドラッグして範囲選択し(図1)、
「OK」をクリックします(図2)。

 

COUNT関数

 

これで、計算結果(答え)が表示されました。

 

COUNT関数

 

※「関数の挿入」ボタンを使った関数の使い方の詳細はこちらをご覧ください。
関数の挿入ボタンの使い方

 

スポンサーリンク

 

関数のセルの範囲を手入力する方法

関数に慣れてくると、「手入力の方が早い。」と感じる方もいると思うので、
関数を手入力する時の、セル範囲の入力の仕方についても説明しておきますね。

 

セル範囲を入力する時は、開始セルと終了セルを「:」(半角コロン)で区切ります。
例えば、「D3~D5」セルの範囲を指定したい時は、『(D3:D5)』と入力します。

 

そして、離れた複数のセル範囲を指定する時は、
セル範囲を「,」(半角カンマ)で区切って入力します。

例えば、「D3~D5」セルと「E3~E5」セルを範囲指定したい時は、
『(D3:D5,E3:E5)』と入力すれば OKです。

 

COUNT関数と関連する関数(一緒に覚えると便利なもの)

COUNT(カウント)関数に関連した関数に下記のものがあるので、
一緒に覚えておくと便利です。

  • COUNTA(カウントエー)関数
    指定したセル範囲内で、数値、文字を問わず、
    空欄以外のデータが入力されている全てのセルの数を数える

 

Excelの関数でよく使うもの一覧

いかがでしたか?COUNT関数の使い方は理解できましたでしょうか?

 

COUNT関数を使わずに、一つ一つ計算していくのは大変ですよね。
とても時間がかかって疲れ果ててしまいます。

このように、Excelの「関数」を使うのと使わないのとでは、
作業のスピードが劇的に違ってきます。

 

とっても便利でおりこうなExcelの関数ですが、
実は使いこなせている人は少ないかもしれませんね。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れるまでの辛抱です。

慣れてしまえば、COUNT(カウント)関数は、
集計表の大量のデータを分析するのに、とても便利なものになりますので、

ぜひぜひ使い方をマスターして使ってみて下さい。

 

それでは、COUNT関数の他にもまだまだよく使う便利な関数がありますので、
ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.