分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

暮らし

梅雨の快適な過ごし方や乗り切る方法とおすすめな食べ物を紹介

更新日:

梅雨 快適 過ごし方

 

梅雨の時期は、雨がシトシトと降り続いたり、
雨が降っていなくても、なんだかジメジメして、気分も憂鬱になったり、
体がだるくなったりと、心身ともに不調になりがちですよね。

 

 

そんな梅雨の時期を少しでも快適に過ごして、
「なんとか梅雨を乗り切りたい!」

 

と思う人も多いと思いますので、そんなあなたの為に、
梅雨の快適な過ごし方や乗り切る方法を、ご紹介していきたいと思います。

 

 

一緒に、梅雨におすすめな食べ物についてもお話しますので、
最後までお付き合い下さいませ。

 

 

スポンサーリンク

 

梅雨の快適な過ごし方や乗り切る方法は?

「梅雨って嫌だな~。憂鬱だな~。」
「梅雨なんていっそ無くなってしまえば良いのに・・・。」

 

なんて梅雨嫌いの人も多いと思いますが、
いくら願っても、梅雨は必ずやって来ますよね。

 

 

それなら、嫌々梅雨の時期を過ごすよりも、
梅雨を楽しむ方が、心の健康の為にも絶対良いと思いますので、
梅雨の快適な過ごし方や乗り切る方法をご紹介していきます。

 

ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

 

梅雨の休日の過ごし方(お家編)

「梅雨の時期は、外に出掛けるのは嫌だから家の中で過ごしたい!」
と言う人におすすめな、家の中での梅雨の快適な過ごし方は、

 

  • アロマを焚く
  • 読書(漫画を読む)
  • 映画(DVD)鑑賞
  • 音楽を聴きながら雑誌を見る
  • お菓子作り
  • 料理
  • 書き物
  • 勉強
  • 絵を描く
  • 手芸
  • 楽器を弾く
  • ヨガ&ストレッチ
  • 整理整頓
  • 研究
  • 梅雨明けの楽しいイベントを計画する

 

などなどになります。

 

梅雨の時期の鬱陶しい気分を解消するには、
部屋でアロマを焚いて過ごされると、気分もスッキリすると思いますよ。

 

 

アロマオイルは、ご自分の好きな香りを選ばれると良いと思いますが、
柑橘系のアロマオイルで、お部屋を爽やかにするのもおすすめです。

 

ちなみに私はオレンジの香りが1番好きですね。

 

 

日頃は何かと忙しくて、ゆっくり読書をする時間がない。
なんて人は、なかなか外出しにくい梅雨の時期を利用して、
前から読みたかった本などがあれば、読書をしたり、

 

映画を観たりして、お家の中でまったり、ゆっくりされるのも、
梅雨の快適な過ごし方として、楽しいと思いますよ。

 

 

自宅で映画を観るなら、

 

などのサービスを利用されると、
雨の中、わざわざレンタル屋さんに行かずして、

 

映画を観ることが出来ますので、梅雨の長雨の時期で、
外に出ることが出来ない時には、本当に便利だと思います。

 

好きなアーティストや好きな音楽があれば、お気に入りの曲を聴きながら、
ゆっくり雑誌を見るのも、梅雨を乗り切る方法におすすめですね。

 

 

お菓子作りや料理が趣味で大好きな人なら、今まで作ったことがない様な、
ちょっと高度なお菓子や料理に挑戦してみたり、日頃全くやらない人は、
この機会に始めて見るのも、梅雨の楽しみ方に良いかも知れませんね。

 

意外と趣味になるかも?!

 

 

物を書くのが好きな人は、小説を書いてみたり、漫画を描いてみたりと、
新しい事にチャレンジしてみるのも、
梅雨の快適な過ごし方で面白いと思いますよ。

 

自分の中の隠れていた才能が、開花するかも知れませんね。

 

 

そして、何かの資格の勉強をしたり、英会話などを学ばれたり、
絵を描いたり、手芸で作品をバンバン作成したりと、
趣味に没頭するのも、梅雨を乗り切る方法に良いですね。

 

 

ギターやピアノなどの楽器が弾ける人や、
以前は弾いていたけど、最近は時間がなくて全然弾けてない。

 

なんて人は、梅雨の時期を利用して、
気が済むまで楽器を弾いてみるのも、梅雨の楽しみ方に良いですし、

 

ヨガやストレッチをして、梅雨のジメジメで疲れ切った体を、
リフレッシュさせるのも、梅雨の快適な過ごし方におすすめですよ。

 

 

溜まりにたまった書類や、いらない洋服などが増えているなら、
整理整頓をされて、不要な物を捨て去ると、お部屋がスッキリして、
梅雨で憂鬱になった気分もスッキリすると思いますし、

 

 

ファッション雑誌や、テレビなどを見て、
鏡を片手に、ファッションやメイクの研究に没頭してみたり、

 

 

不快な梅雨を頑張って乗り切った自分へのご褒美に、
梅雨明けに楽しいイベントを計画して、
その計画をニヤニヤしながら考えるのも、きっと楽しいですよ。

 

 

 

梅雨の休日の過ごし方(外出編)

梅雨と言っても、さすがに毎日毎日、雨が降り続くわけではないので、
雨が降っていない日や、雨が降っていても、パラパラの雨なので外出は可能。

 

なんていう日は、「外出したい!」
と思われる人もいらっしゃると思いますので、
梅雨の快適な過ごし方や乗り切る方法の、外出編をご紹介したいと思います。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

私がおすすめする梅雨の快適な過ごし方や乗り切る方法は、

 

  • 温泉でのんびり
  • 紫陽花(アジサイ)を見に行く
  • 公園を散歩
  • 家の近所を散歩
  • ショッピングモールで買い物
  • 図書館に行く
  • お気に入りの傘やレインブーツを探す

 

などなどになります。

 

梅雨の時期はジメジメしていて、蒸し暑かったりもしますが、
日によっては肌寒い日もあったりして、体が冷えてしまう事もありますし、
疲れた体を癒すには、やはり温泉でのんびりされるのが1番ですよね。

 

観光地などに外出せずに、温泉宿でのんびり過ごされるのが良いかなと思います。

 

 

そして、梅雨の時期と言えば、何と言っても「紫陽花(アジサイ)」ですよね。

 

お花好きな人や、そうでない人でも、雨に濡れた紫陽花(アジサイ)は、
なかなか風情があって、良い物だと思いますので、
紫陽花(アジサイ)を見に行かれるのは、梅雨の楽しみ方でおすすめです。

 

 

また、緑がいっぱいの公園をゆっくり散歩したり、
家の近くの、通ったことのない道を歩いて見るのも、
気分転換になって、梅雨の快適な過ごし方に良いと思いますし、

 

ショッピングモールでしたら、雨に濡れることなく、
傘を差したりしぼめたりと面倒がなく、買い物を楽しめますよ。

 

 

いろんな本を読みたい人には、図書館に行かれることをおすすめします。

 

図書館なら、無料でいろんな本を読むことが出来ますので、
節約にも良いですよね。

 

 

そして、傘やレインブーツで、自分のお気に入りの物を探すことが出来れば、
雨の中の外出が楽しくなってくると思いますので、ぜひぜひお試し下さい。

 

スポンサーリンク

 

梅雨におすすめな食べ物を紹介

梅雨の時期の憂鬱な気分や、体のだるさなどをスッキリさせるには、
食べ物もとっても大事になってきますので、
梅雨におすすめな食べ物を紹介していきたいと思います。

 

 

梅雨を乗り切る食べ物で、私がおすすめするのは、

 

  • 辛い料理
  • お酢を使った料理
  • 梅干し
  • 鰺(アジ)
  • 乾物
  • 豆(納豆)

 

などなどになります。

 

カレーなどのスパイス系の辛い料理は、
食欲がない時でも、食べやすいのでおすすめですよ。

 

 

お酢には、疲労回復の効果や、食欲を回復させる効果がありますので、
梅雨のジメジメで、疲れた体を元気にしてくれますし、

 

防腐・抗菌効果もあり、食べ物を傷みにくくする効果がありますので、
梅雨の季節には持って来いの食べ物ですよね。

 

 

お酢のサッパリした酸味が、いろんな料理にも合いますし、
料理のレパートリーも広がって、使いやすいと思いますので、
ぜひ梅雨時期の料理に、お酢をプラスしてみて下さいね。

 

 

梅干しにも、疲労回復や食欲増進の効果がありますので、
「あ~疲れた・・・。」
と感じる日には、ぜひおすすめです。

 

 

梅干しは、普通にそのまま食べるのも美味しいですが、和え物にしたり、
料理の味付けに使ったり、うどんに入れても美味しいですよ。

 

 

また、梅雨を乗り切る食べ物は、やはり栄養満点の旬食材が良いですので、
梅雨のこの時期に旬な、鰺(アジ)もおすすめです。

 

 

そして、切り干し大根や高野豆腐などの乾物は、
太陽のエネルギーをたくさん浴びていて、
ビタミン・ミネラルや食物繊維が豊富ですし、

 

豆類や納豆には、良質なたんぱく質が豊富なので、
梅雨におすすめな食べ物となりますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

梅雨の快適な過ごし方とおすすめな食べ物のまとめ

梅雨を乗り切る方法や梅雨の快適な過ごし方について、
そして、梅雨におすすめな食べ物をいくつか紹介しましたので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

梅雨の時期はどうしても、体調不良になりやすいと思いますが、
なんとか楽しく過ごせるように、当記事をお役立て下さいませ。

 

早く梅雨が明けますように・・・。

 

 

《こんな記事もあります!》

梅雨の部屋干しの臭い対策と洗濯物を早く乾かす方法や湿度を下げるコツを紹介

宜しければ、こちらの記事もご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

-暮らし
-, , ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.