分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

暮らし

日焼け止めの使用期限といつから塗るかの時期や効果の持続時間について

更新日:

日焼け止め 使用期限

 

紫外線対策には、日焼け止めを塗る人も多いと思いますが、
「日焼け止めって使用期限はあるのかな?」

 

「去年使っていた日焼け止めがまだ残ってるんだけど、今年も使えるのかな?」
「日焼け止めって、いつからいつまでの時期に塗るのが良いんだろう・・・。」
などなどと、お悩みではありませんか?

 

 

日焼けを防ぐには、しっかり日焼け止めを塗ることが大切だと思いますが、
日焼け止めについて、十分に理解されている人は少ないかも知れませんね。

 

 

そんなあなたの為に、日焼け止めの使用期限と、
いつからいつまでの時期に塗るのかや、日焼け止めの効果の持続時間について、
ご紹介したいと思いますので、ここでサクッと、確認しておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

日焼け止めの使用期限や寿命はどれくらい?

日焼け止めってなかなか1シーズンで使い切れずに、
残ってしまうことが多いですよね。

 

 

そうなると、日焼け止めを捨てるのも、なんだかもったいなく感じてしまって、
ついつい、前年の使い残しの日焼け止めを、
置いておく人も多いと思いますので、

 

「去年の日焼け止めだけど、今年も使って大丈夫なのかな?」
なんて悩んでしまいますよね。

 

日焼け止めや化粧品には、どこにも使用期限の記載がありませんしね。

 

 

ですが、日焼け止めは開封すると、そこから酸化が始まりますので、
日焼け止めの使用期限は、半年を目安にされて、
最長で1年くらいと考えられると良いと思います。

 

 

それ以上経った日焼け止めは、成分が分離したり、酸化したりと、
やはり確実に劣化してしまいますので、お肌には良くないと思います。

 

 

他の化粧品でも同じなのですが、日焼け止めは、
紫外線を跳ね返す成分などから、分離や酸化が特に早いと言われています。

 

 

日焼け止め自体に、目に見える変質がなかったり、
塗り心地や使用感に、特別変化は感じないかも知れませんし、

 

古い日焼け止めを使ったからと言って、使用後すぐに、
必ず肌に何かしらのトラブルが起きるとは言い切れませんが、

 

時間が経てば確実に酸化して、品質は悪くなっていきますので、
使ってすぐには肌にトラブルが起こらなくても、
古い日焼け止めを使い続ける事によって、後々肌にトラブルが出てきたり、

 

体調が悪い時に、一気に肌の調子も悪くなったり、
しわやシミの原因になる可能性もありますので、

 

やはり半年か1年くらいで、
新しい日焼け止めに、買い替えられることをおすすめします。

 

 

「まだ、こんなに日焼け止めが残ってるのに・・・。勿体ない!」
と思ってしまう人も多いと思いますが、

 

古い日焼け止めを使い続けてしまったばっかりに、
「肌にトラブルが出てしまって、治療費が高くかかってしまった!」

 

なんて事になってしまっては、
「勿体ない!」
どころでは無くなってしまいますからね。

 

 

後々の事を考えると、日焼け止めの有効期限は、半年から1年間と
されるのが良いと思いますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

他の化粧品に比べると、日焼け止めの寿命は短いので、
小さめのものを買って、使い切るようにしたり、

 

余った日焼け止めも捨てやすい様に、高価な物は買わないようにするなど、
自分なりの工夫をされると良いかも知れませんね。

 

 

出来るだけ、日焼け止めの使用期限は、半年から1年間として、
去年の分は使わないとされる事をおすすめします。

 

 

 

そして、日焼け止めの使用期限を守る為には、
日焼け止めを、いつから使い始めたのかが分かるように、
日焼け止めの使用開始日を、記載しておくことをおすすめします。

 

 

日焼け止めに直接書きにくい時は、ネームシールに使用開始日を書いて、
日焼け止めに貼るようにしたり、化粧品の使用開始日を、
まとめて管理するメモを作成しても良いかも知れませんね。

 

 

ご自分のやり易い方法を選んで、日焼け止めの使用期限を守る為にも、
使用開始日を書いておくことを、忘れないようにされて下さいね。

 

日焼け止めはいつからいつまでの時期に塗るの?

「日焼け止めを塗るのは、太陽がガンガンに照りつけてくる夏だけ!」
なんて人もいらっしゃるかと思いますが、
紫外線が多くなるのは、夏だけではありません。

 

 

なので、夏以外でも日焼け止めを塗った方が良いと思います。

 

それでは、日焼け止めはいつからいつまでの時期に塗れば良いのか?
についてお話していきたいと思います。

 

 

紫外線は、夏だけに多くなるのではなくて、
だいたい春(3月くらい)頃から増えてきて、
秋(10月くらい)頃までは多いと思います。

 

 

紫外線は、シミやそばかす、そしてしわなどの原因になりますので、
3月くらいから10月くらいまでの、8ヶ月くらいの期間は、
特に気を付けて、日焼け止めをしっかり塗っておくと良いと思います。

 

 

ですが、実は紫外線は、春から秋よりは量は減りますが、
冬でも降り注いでいますので、

 

「日焼け止めは、季節関係なく、1年中ずっと塗っている。」
という人もいらっしゃいますね。

 

 

「紫外線対策を完璧にしたい!」
と思われるなら、1年中日焼け止めを塗られるのが良いのかなと思いますが、

 

そうなってくると、
「肌への負担が心配だな。」
と思われる人もいらっしゃると思いますので、

 

「日焼け止めはいつからいつまでの時期に塗るのが良いのかな?」
と悩まれた時は、日焼け止めをしっかり塗るのは、
3月頃から10月頃までの時期。とされても良いのかなと思います。

 

 

私自身も肌への負担が気になりますし、
日焼け止め自体が、あまり好きではない事もあって、
冬の時期は、特に日焼け止めを塗っていませんね。

 

 

と言いますのも、冬は常に、

 

  • 手袋
  • マフラー

 

を着用してますので、手も首もどこも露出している部分がないので、
体に日焼け止めを塗る必要はないですし、顔は日焼け止め効果がある

 

  • BBクリーム
  • ファンデーション

 

を使用していますので、これで顔の日焼け防止も大丈夫だと思います。

 

資生堂 マキアージュ パーフェクトマルチベース BB ライト(30g)【マキアージュ(MAQUillAGE)】

 

 

ですが、冬でも手袋やマフラーはあまり使われなくて、肌の露出がある方や、
メイク用品に、日焼け止め効果がない物を使用している人ですと、
冬の時期でも、日焼け止めを塗られた方が良いかも知れませんね。

 

 

その時は、夏の日焼け止めとは違って、SPFが低めの日焼け止めを選ばれたりと、
夏の時期よりは、緩めに日焼け対策をするなど工夫されると、
少しでも肌への負担が減らせると思いますので、ご参考にされて下さいね。

 

 

ちなみに
「日焼け止めは、曇りの日には塗らずに、晴れた日にだけ塗る。」

 

という人もいらっしゃるかも知れませんが、
曇りの日でも紫外線は、しっかりと降り注いでいますので、お気を付け下さい。

 

スポンサーリンク

 

日焼け止めの効果の持続時間はどれくらい?

「日焼け止めはこまめに塗りなおしましょう!」
とはよく聞くけど、
「実際のところ、日焼け止めの効果って何時間くらい持続するのかな?」

 

なんて、疑問に思われる方もいらっしゃると思いますので、
日焼け止めの効果の有効時間はどれくらいかについて、
お話していきたいと思います。

 

 

日焼け止めの効果の持続時間は、SPFという数値によって変わってきます。

 

SPF1で約20分となりますので、SPF30の場合ですと、

20分×30(SPF値)=600分(10時間)となって、

約10時間、日焼けしにくくなります。

 

 

ですが、この時間はあくまでも、一定条件の中での目安となり、
日焼け止めを塗った後に、日焼け止めが、
一切落ちなかった時の持続時間になります。

 

 

そして、SPF1で約20分と言うのも、個人差がありまして、
だいたい、紫外線を浴びてから、日焼けするまでの時間が、
約20分となっていますが、人によって、

 

紫外線を浴びてから、日焼けするまでの時間が、違ってきますので、
この辺りでも、日焼け止めの効果の持続時間には、ばらつきが出てきます。

 

 

実際には、日焼け止めが全く落ちないなんてまず無理ですよね。

 

 

汗をかいたり、服やハンカチなどで、手や腕などを拭いた時の摩擦などでも、
日焼け止めが取れたりしますし、個人差などもありますので、

 

このSPFの数値で計算される、日焼け止めの効果の持続時間は、
あくまでも目安となりますが、

 

SPF値が高いほど、日焼け止めの効果の持続時間は長くなりますので、
参考にされると良いと思います。

 

 

ですが、SPF値が高くなればなるほど、
肌への負担が大きくなってしまいますので、

 

SPF値が低めの日焼け止めを使用して、
こまめに塗りなおされるのが、肌の事を考えると良いのかなと思います。

 

日焼け止めの使用期限と時期や効果の持続時間のまとめ

去年の日焼け止めが残っていて、
「捨てるのは勿体ない。」
と思われる人も多いと思いますが、古い日焼け止めを使用されるのは、

 

肌にとってあまり良くないので、
出来るだけ使用期限を守られようにされて下さいね。

 

 

日焼け止めはいつからいつまでの時期に塗るのかや、
日焼け止めの効果の持続時間はどれくらいか、
についてもご紹介しましたので、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

《こんな記事もあります!》

日焼け止めの選び方と種類やタイプ別の使い分けや使い方を紹介

日焼け止めをメイク時に塗る順番と塗り直しで簡単な方法や落とし方を紹介

宜しければ、こちらの記事もご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

-暮らし
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.