分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

暮らし

日焼け止めの選び方と種類やタイプ別の使い分けや使い方を紹介

更新日:

日焼け止め 選び方

 

日焼け止めには、本当にいろんな種類があって、
値段も安いものから高いものまでいろいろで、

 

いざ、日焼け止めを買おうと思っても、
お店にはズラッーと、日焼け止めが並んでいるので、
なかなかどれがいいのか、選ぶのは難しいですよね。

 

 

せっかく日焼け止めを買いに行ったのに、
「結局どれがいいのか分からずに買えなかった・・・。」
なんて経験をされた方も、少なくないのではないでしょうか。

 

 

そんなあなたの為に、
日焼け止めの選び方と、種類やタイプ別の使い分けや、

 

日焼け止めの使い方などなどについて、ご紹介したいと思いますので、
ぜひ自分に合った日焼け止めを選んで、しっかり日焼けを防いでいきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

日焼け止めの選び方

それでは早速、日焼け止めの選び方から見ていきましょう!

まず最初に、日焼け止めの選び方で重要なのが、

 

  • SPF
  • PA

 

の数値になります。

 

日焼け止めを見てもらうと、お気付きになると思いますが、
日焼け止めには、

 

  • 「SPF30」
  • 「PA++」

 

などと表示がありまして、このSPFとPAの数値を見ることで、
日焼け止めの効果の強さが分かるようになっています。

 

 

「SPF30」と言うのは、簡単に説明しますと、
紫外線を受けてから、日焼けするまでの時間を、30倍延ばせるという事で、

 

だいたい、紫外線を受けてから日焼けするまでの時間は、
10分~20分と考えられているので、個人差はありますが、

 

「SPF30」で5~10時間、効果が持続するという事になって、
SPFの数値が高くなればなるほど、日焼け止めの効果が高くなります。

 

 

次にPAですが、こちらは、
紫外線A波を、どれだけ防げるかという表示になりまして、
「+」の数が多いほど、日焼け止めの効果が高くなります。

 

 

なので、日焼け止めの選び方のコツとしては、
毎日の通勤などで使う日常用は、「SPF30」の日焼け止めを選んで、

 

アウトドアやスポーツなどで、ずっと外で過ごす時や、
海やプールに行く時などは、「SPF50」の日焼け止めを選ぶなど、
その時々のシーンに合わせて、日焼け止めを選ぶようにすると良いと思います。

 

 

ですが、基本的には、SPFが高くなるほど、乾燥しやすくなったりと、
お肌への負担が大きくなりますので、
その辺りも、日焼け止めを選ぶ基準としてご注意下さいね。

 

スポンサーリンク

 

日焼け止めの種類やタイプ別の使い分け

それではお次は、日焼け止めの種類やタイプ別の使い分けについて、
ご紹介していきたいと思います。

 

 

日焼け止めには、

 

  • ジェル(軽めの使用感)
  • ミルク(伸びがよくて塗りやすい)
  • クリーム(しっとりして、保湿効果が高い)
  • スプレー
  • ミスト

 

などのタイプ別で、いろいろな種類がありますので、
ご自分の好きな使用感の、日焼け止めを選ぶようにされて下さいね。

 

 

ジェルタイプの日焼け止めは、軽めの使用感でサッパリした感じなので、
暑がりの方などには良いと思いますし、

 

ミルクタイプの日焼け止めは、伸びが良くて塗りやすくて、
クリームタイプはしっとりして、保湿効果が高いなど、

 

それぞれ特徴がありますので、夏場でも乾燥が気になる人ですと、
クリームタイプか、ミルクタイプの日焼け止めを選ばれると良いと思います。

 

 

スプレーやミストタイプの日焼け止めは、持ち歩き用にして、
外出先などで、日焼け止めの塗り直しの時に使いやすいかも知れませんね。

 

 

日焼け止めは、ほぼほぼ毎日塗る物なので、
使用感はとっても大事になってきますので、

 

出来れば、買う前に一度、お店で日焼け止めを塗ってみたり、
試供品を貰って試しみてから、
使用感を確認した後に、購入するのが良いと思います。

 

 

そして、使用感を試してみる時に一緒に、日焼け止めの香りにも注意して、
自分に合っているか、嫌な香りがしないかどうかもチェックされて下さいね。

 

 

肌に塗った時の使用感や香りがいまいちですと、
日焼け止めを塗るのが憂鬱になりますし、毎日使う物なので、

 

やはり自分に合ったものを選ばれて、ストレスなく
使い続けられるのが1番なので、ぜひ購入する前に1度お試し下さいね。

 

 

そして、他にも日焼け止めには、

 

  • 顔用
  • 体用
  • 顔・体用

 

などなどの種類がありますので、日焼け止めの選び方にはご注意下さいね。

 

 

日焼け止めを買う前には、日焼け止めに書いてある表示をよく見てから、
間違いがないように、購入するようにされて下さいね。

 

 

そして、汗っかきさんや、スポーツをして汗だくになる時や、
海やプールに行く時などにおすすめな、

 

  • ウォータープルーフ(汗、水に強いタイプ)

 

の日焼け止めもありますので、
生活シーンに合わせて選ぶようにされて下さいね。

 

 

ウォータープルーフの日焼け止めは、
専用のクレンジングが必要な物もありますので、ご注意下さいませ。

 

 

ちなみに私は、通勤の時などに塗る日常用の、腕や足に塗る日焼け止めは、
ドラッグストアなどで買える600円くらいの、
「SPF30」のミルクタイプの日焼け止めを使っていて、

 

沖縄旅行などに行く時の、海用の日焼け止めは、
アネッサの、ちょっと高めで、
2,000円~3,000円くらいのものを使っています。

 

 

とこんな風に、日焼け止めを1つに絞るのではなくて、
その時々のニーズに合わせて、
使い分けをされると良いと思いますので、ご参考にされて下さいね。

 

資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク(60mL)【d2rec】【evm_uv2】【outdoors_6】【アネッサ】

 

日焼け止めの使い方

それでは、最後は日焼け止めの使い方についてお話していきたいと思います。

 

日焼け止めの使い方で重要なのは、
日焼け止めに表示されている使用量を目安に、
十分な量を使用することになります。

 

 

日焼け止めの使用量が少なすぎると、効果が薄くなって、
日焼けし易くなってしまうと思いますので、ご注意下さい。

 

 

それと、髪をまとめる時などは、

 

 

などに、日焼け止めを塗るのを忘れてしまう事も多いと思いますので、
日焼け止めの塗り忘れにも注意して下さいね。

 

 

サンダルを履く時は、

 

  • 足の甲

 

にも、きちんと日焼け止めを塗るようにされて、また、

 

  • デコルテ
  • 首まわり

 

は特に、日焼け止めを塗るのを、忘れやすい部分だと思いますので、
日焼け止めの塗り忘れには、十分気を付けましょう!

 

 

そして、『紫外線対策には念には念を!』
と言う事で、日焼け止めを塗りつつ、長袖を着て肌をカバーしたり、

 

出来るだけ日傘をさすようにされると、より良いと思いますので、
ぜひお試し下さいませ。

 

 

また、SPFが高めだったり、ウォータープルーフの日焼け止めを塗っていても、
タオルなどで肌を拭いたりされて、摩擦によって、

 

日焼け止めが落ちたりしますので、
こまめに塗り直しをされることもお忘れなくです!

 

日焼け止めの選び方と使い分けや使い方のまとめ

数ある日焼け止めの中から、自分に合った日焼け止めを選ぶのは、
なかなか大変だと思いますので、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

 

日焼け止めの選び方をマスターして、ぜひお気に入りの1品を選んで、
毎日楽しく日焼け防止対策を頑張りましょう!

 

《こんな記事もあります!》

日焼け止めの使用期限といつから塗るかの時期や効果の持続時間について

日焼け止めをメイク時に塗る順番と塗り直しで簡単な方法や落とし方を紹介

宜しければ、こちらの記事もご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

-暮らし
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.