分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

夏の行事

七夕飾りの処分方法や捨て方といつからいつまでの期間に飾るかの紹介

更新日:

七夕飾り 処分方法

 

7月7日は七夕ですね。

 

小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、七夕の日には笹に七夕飾りを飾って、
子どもさん達と、楽しく過ごされる人も多いと思いますが、七夕が終わると、

 

「七夕飾りって、使用後はどうやって始末すれば良いのかな?」
なんてお困りではありませんか?

 

 

そんなあなたの為に、七夕が終わった後の、
七夕飾りの処分方法や捨て方について、ご紹介していきたいと思います。

 

 

一緒に、七夕飾りをいつからいつまでの期間に飾るのか
についてもお話していきますので、最後までお付き合い下さいませ。

 

 

スポンサーリンク

 

七夕飾りの処分方法や捨て方について

7月7日の七夕が終われば、
笹に飾った七夕飾りは、片付けなければいけませんよね。

 

ずーっと、七夕飾りを飾っておくわけにはいかないですしね。

 

 

ですが、七夕飾りの中には、子どもさんが一生懸命手作りした飾りや、
子ども達の可愛らしい、お願い事が書かれた短冊などがあるので、
そのままポイっと捨ててしまうのは、なんとも気がひけてしまいますよね。

 

 

かと言って、そのまま置いておくわけにもいかないし、
七夕飾りをすべて保管する場所もないし・・・。

 

という事で、七夕が終わった後の、七夕飾りの処分については、
悩まれる方も多いと思いますので、
ここでサクッと、七夕飾りの処分方法や捨て方について確認しておきましょう!

 

 

昔は、七夕飾りは、

 

  • 川や海に流す

 

というのが主流だった様ですが、今は環境汚染など、
諸々の問題になりますので、そんな事は出来ませんよね。

 

 

(地域によっては、今でも七夕飾りを川に流す、という行事が
ある所もあるようですが、流した後は、きちんと回収するそうです。)

 

 

なので、最近は皆さん、七夕飾りの処分方法として、

 

  • 一般ごみで捨てる

 

とされているご家庭が多いですね。

 

ですが、やはり子ども達が一生懸命手作りした七夕飾りを、
そのままポイっと、ゴミ箱の中に捨てる事は出来ませんので、
デジカメやスマホのカメラなどで、

 

  • 七夕飾りと子ども達の写真を撮る

 

とされてから、七夕飾りを処分されているようです。

 

写真をとっておけば、
七夕飾りや、子ども達の願い事が書かれた短冊を捨ててしまっても、
思い出として残りますし、後で写真を見直した時に、

 

「あ~、こんな願い事を書いていたんだな~。」
と懐かしい気持ちになれますよね。

 

 

そして、七夕飾りの捨て方ですが、

 

  • 子どもさんに分からないように、こっそり捨てる
  • 子どもさんと一緒に「ありがとう。」と言ってから捨てる

 

と、ご家庭によって違ってきますので、こちらはご自身で
「こうしよう!」
と決められると良いと思いますよ。

 

 

「子ども達に、七夕飾りを捨てるのを見せるのは可愛そうだな。」
と思われるなら、こっそりと子ども達がいない時に、捨てられると良いですし、

 

ちゃんと七夕飾りに、
感謝とお別れの挨拶をさせてから、処分しようと思われるなら、

 

「ありがとう。」
の言葉と共に、処分されると良いと思いますので、
こちらはご家庭で、良いと思われる方を選んで下さいね。

 

 

ちなみに、私個人的には、
きちんと感謝の気持ちを伝える事を、教えてあげたいと思いますので、

 

子どもさんと一緒に「ありがとう。」と言ってから捨てる
の方をおすすめします。

 

 

そして、七夕飾りの捨て方としては、

 

  • 白い紙に包む

 

などしてから、捨てるようにしたり、
出来るだけコンパクトにして、かさばらない様にしてから捨てるなど、

 

七夕飾りの捨て方を工夫されると良いと思いますので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

ですが、
「七夕飾りをゴミに出すのはちょっと・・・。」
と、抵抗がある人もいらっしゃると思いますので、そんな方には、

 

  • 神社に持って行く
  • 家の庭で焼く
  • とんど祭りで焼いてもらう

 

などなどの、七夕飾りの処分方法はいかがでしょうか。

 

 

神社に持って行く時は、事前に神社の方に連絡されて、
持って行って良いかどうかの、確認をされるようにご注意下さいね。

 

 

ご自宅にお庭があるご家庭ならば、お庭で七夕飾りや短冊を燃やして、
天まで昇らせるのも良いですし、庭などがなくて、
七夕飾りを焼くスペースがないご家庭ならば、

 

  • 灰皿などを使用して、短冊だけ焼く。

 

とされても良いのではないでしょうか。

 

また、神社で行われるとんど祭りの時まで、七夕飾りを保管しておいて、
そこで焼いてもらうのも良いと思いますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

また、短冊など、かさばらない物は、
ファイルなどにファイリングして、何年か保管されていたり、

 

七夕飾りで超大作が出来た時は、置いておいて、
毎年飾るようにされているご家庭もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

七夕飾りはいつからいつまでの期間に飾るの?

七夕は7月7日ですが、早めに七夕飾りを準備されるご家庭もありますよね。

 

そうなると、ふと・・・、
「七夕飾りはいつから飾れば良いのかな?」
「七夕飾りはいつまで飾るもの?」

 

なんて疑問に思われる方もいらっしゃると思いますので、
七夕飾りはいつからいつまでの期間に飾るのかについて、
お話していきたいと思います。

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

 

七夕飾りを飾る期間についてですが、
「いつからいつまで。」
と言った、きちんとした決まりがあるわけではありませんが、

 

だいたい、七夕(7月7日)の1週間前くらいから、
七夕飾りを飾りだして、七夕当日まで飾って、
翌日の7月8日の朝には片付ける、というご家庭が多いですね。

 

 

ですが、七夕の前日(7月6日)に飾り付けをして、
七夕(7月7日)当日の夜に、七夕飾りを、
片付けてしまうというご家庭もあります。

 

 

ですが、それですと、ちょっと慌ただしいですし、
せっかく綺麗に七夕飾りを飾ったのに、
1日だけしか見る事が出来ないのは、ちょっと淋しい気がしますよね。

 

 

なので、
「七夕飾りはいつからいつまでの期間に飾るのかな?」
と疑問に思われた時は、七夕(7月7日)の1週間前くらいから、

 

七夕飾りを飾りだして、七夕当日まで飾って、
翌日の7月8日の朝には片付ける、とされると良いのではないでしょうか。

 

 

また、子どもさんと一緒に、頑張って手作りした、七夕飾りなどがありましたら、
笹に飾るのは、笹が枯れてしまうので、無理だと思いますが、

 

七夕飾りだけをオブジェ感覚で、七夕が終わった後でも、
玄関やリビングなどに飾っておいても、良いかも知れませんね。

 

 

それなら、
「せっかく頑張って作ったのに・・・。」
と悲しい気分にならなくて済むと思いますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

また、地域によって、七夕飾りを飾る時期に違いがあるようで、
東北ではほとんどの地域で、7月7日ではなくて、

 

月遅れの8月7日が七夕になるので、8月に入ってから、七夕飾りを飾りだして、
8月7日まで飾って、翌日には片付けるそうです。

 

七夕飾りの処分方法やいつから飾るかのまとめ

七夕飾りや短冊の処分方法や捨て方、そして、
いつからいつまでの期間に飾れば良いのか、についてご紹介しましたので、
悩まれた時は、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

 

どちらも、はっきりとした決まりがあるわけではないので、
ご自身がやり易い形を選ばれると良いと思いますよ。

 

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

《こんな記事もあります!》

夏バテ対策におすすめな予防方法と食べ物や食事やグッズを紹介

アイスをアレンジする食べ方で簡単な物やデザートやドリンクを紹介

こちらの記事もご一緒にいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

-夏の行事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.