分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

暮らし

お中元のお返しは不要なのか必要なのかとお礼状の書き方について

投稿日:

お中元 お返し 不要

 

お中元の季節になると、毎年、日頃お世話になっている方々と、
ギフトを贈ったり、贈られたりと、

 

お中元のやり取りをされるご家庭も多いと思いますが、
お中元を贈っていない方から、お中元を貰った時は、

 

「お中元のお返しってするのかしら?どうなんだろう・・・。」
なんて困ってしまいますよね。

 

 

そんなお悩みを解決すべく、「お中元のお返しは不要なのか必要なのか
についてご紹介していきたいと思いますので、
ここでサクッと確認して、お悩みをスッキリさせておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

お中元のお返しは不要なの?必要なの?

お中元を貰った時のお返しについてですが、こちらは、
「必ずしもお返しを贈らなければいけない。」
という決まりはありませんので、

 

「絶対にお中元のお返しは必要か?」
と聞かれると、答えは「不要。」となります。

 

 

ですが、やはりお中元を貰った時は、お返しを送っている。
という方もいらっしゃいますので、

 

「お返しを送らないと、なんだか落ち着かない・・・。」
と思われるなら、お中元のお返しを送られても良いと思いますよ。

 

 

お中元にしろ、何にしろ、贈り物を頂いた時に、お返しをするかどうかは、
やはり人それぞれだと思いますので、

 

「絶対にしなければいけない!」
と、決まりがあるわけではありませんが、

 

お返しをしない事が、気になってしまう様なら、
サクッとお返しを送ってしまった方が、精神衛生上良いと思いますので、
ご自身の思う通りにされるのが1番だと思います。

 

 

また、お中元を贈ってくれた相手によっても、
ちょっと事情が変わってくるのかな、と思いますので、

 

お相手の方が、ちょっと面倒くさい感じで、口うるさいタイプの方なら、
お中元のお返しを送っておく方が、後々の事を考えると良いと思いますし、

 

そこまで気にする相手ではないのなら、
無理にお中元のお返しを送る必要もないのかなと思います。

 

 

と、お中元のお返しは不要である事が、お分かり頂けたかと思いますが、
お中元を貰って、そのまま何もなしでは、さずがにいけませんので、

 

お中元のお返しをしない時でも、
「きちんとお中元は頂きましたよ。」
という報告も兼ねて、『お礼状』は送るようにしておきましょう!

 

 

親しい間柄で、電話をするのも苦痛でないお相手なら、
お電話で、お中元のお礼を言われても良いと思いますし、

 

近々出会う予定がある方なら、お会いした時に、
「お中元頂きました。ありがとうございました。」
とお礼を言われても良いと思います。

 

 

ですが、そうでない関係性の方なら、

 

  • ハガキ
  • 手紙

 

で、お中元のお礼状を送られると良いと思いますので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

お中元のお礼状の書き方について

お中元を貰った時は、お礼状を書くのが良い事は分かったけど、
いざお礼状を書けと言われても、
「何をどんな風に書けば良いのか分からない・・・。」

 

なんて方もいらっしゃると思いますので、
お中元のお礼状の書き方について、お話していきたいと思います。

 

それでは早速、見ていきましょう!

 

 

お中元のお礼状に書く内容ですが、

 

  • 時候の挨拶
  • お礼の言葉
  • 相手の健康を気遣う言葉

 

などが書かれていれば良いと思います。

 

時候の挨拶ですと、
「盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。」や、
「暑さ厳しき折、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。」などで、

 

 

お礼の言葉ですと、
「このたびはご丁重なお中元の品をお贈りいただき、
誠にありがとうございました。」や、

 

「このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、
本当にありがとうございました。」などで、

 

 

相手の健康を気遣う言葉ですと、
「暑さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛くださいませ。」や、
「まだしばらくは厳しい暑さが続きますが皆様どうぞご自愛下さい。」

 

などなどの、文章を使われると良いのかなと思います。

 

 

また、お礼の言葉の後には、

 

「家族みんなで美味しく頂きました。」や、
「子供達も大変喜んでおりました。」など、
一言感想を書かれても良いと思いますよ。

 

 

また、お中元にカタログギフトを貰った時は、
「〇〇を選ばせて頂きましたが、大変美味しかったです。」
などの一言を添えられるのも良いのかなと思います。

 

 

何はともあれ、お中元を送られた方は、
「ちゃんとお中元届いたかな?」

 

と心配されていると思いますので、
お礼状を送る際は、早めに送られるように注意されて下さいね。

 

 

また、お中元を貰うと気を使うので、お断りしたいな。と思われた時は、
「どうぞ今後はこのようなお気遣いはなさいませんように。」

 

と、一言お礼状に添えられると良いと思います。

 

お中元のお返しは不要かとお礼状の書き方のまとめ

お中元を送っていない相手から、お中元が届いた時は、
お返しをどうするのかや、お礼状はどうやって書けば良いのか、

 

などなどで、お困りになると思いますので、
そんな時は、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

 

お中元のお返しについては、絶対に必要なものではありませんので、
どうか無理のない様にされて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

-暮らし
-,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.