分からない。困った!をスッキリ解決するブログ

明日は明日の風が吹く

夏の行事

花火の捨て方で未使用や使用後についてと使用期限や保管方法を紹介

更新日:

花火 捨て方 未使用

 

夏のお楽しみと言えば花火ですよね。

 

夜空を華やかにしてくれる、盛大な打ち上げ花火も素敵ですが、
気の合う仲間とワイワイとする、手持ち花火も楽しいですよね。

 

 

ですが、花火を楽しんだ後は、
「残った花火や使用後の花火は、どうやって捨てたら良いのかな?」
「花火って来年まで置いてても大丈夫?」

 

などなどと、悩まれる方もいらっしゃると思いますので、
花火の捨て方で未使用や使用後についてと、
花火の使用期限や保管方法について、お話していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

花火の捨て方 未使用や使用後について

夏になると、家族や友人達と、花火をする人も多いと思いますが、
たくさん買い過ぎて、花火が余ってしまったり、

 

どこかしらから、大量に花火を貰って、使わなかった手持ち花火があったりと、
未使用の花火の捨て方で、悩んでしまう事ってありますよね。

 

 

そんなお悩みを解消すべく、使ってない花火の捨て方について、
ご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

それでは早速、花火の捨て方で未使用の物について見ていきましょう!

 

 

使ってない花火を捨てる時は、そのまま普通に、ゴミに捨てるのは危険なので、
必ず、花火を水に浸けてから、処分するようにしましょう。

 

 

もう少し詳しく説明しますと、バケツなどに水をはって、
その中に、未使用の花火を入れて、だいたい1日くらい水に浸けてから、
新聞紙に包んで、ビニール袋に入れて、燃えるゴミに出すと良いと思います。

 

 

未使用の花火をゴミに出す時は、完全に濡らして、
多少の時間が過ぎても、乾かないような対処をする事が、大事になりますので、

 

新聞紙に包んで、ビニール袋に入れてから処分する事を、
忘れない様にされて下さいね。

 

 

使ってない花火を、何の処置もせずに、普通に燃えるゴミで捨ててしまうと、
ゴミ収集車の庫内で、発火事故が起きてしまう可能性もありますので、
未使用の花火の捨て方には、くれぐれもご注意下さいね。

 

 

また、使用後の花火の捨て方ですが、
こちらも、未使用の花火の捨て方と同じ様に、

 

バケツなどに水をはって、花火を十分に水に浸けてから、
燃えるゴミに出されると良いと思いますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

花火はとっても楽しい物ですが、危険な物でもありますので、
安全に楽しむ為にも、花火の処分方法はきちんとしておきましょう!

 

花火の使用期限はどのくらい?

さて、お次は、花火の使用期限について、ご紹介していきたいと思います。

 

「そもそも、花火に使用期限ってあるの?」
と思われる方もいらっしゃると思いますが、
花火には、特に使用期限というものはないと思います。

 

 

ですが、私の経験上、1年前の夏に余った花火を使おうとして、
「湿気ていて、花火が付かなかった。」

 

という事が、わりと多くあったので、
やはり今年の花火は今年の内に、使ってしまった方が良いのかなと思います。

 

 

ですが、人によっては、
「花火を買ってから4~5年くらい経ったものでも、普通に使えました。」

 

なんて方もいらしゃいますので、
花火の使用期限は、花火の保管する環境によって変わってくるのだと思います。

 

 

花火が湿気ないように、上手に保管されていれば、
結構長い期間、花火が使用できるようですが、

 

保管方法が悪いと、1年ももたないという事になってしまいます。
(正に私の事ですが・・・。)

 

 

なので、
「今年の花火が余ってしまって、来年でも使えるのかな?」

 

と思われた時は、花火の保管に気をつけられると良いと思いますので、
ぜひ参考にされて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

花火の保管方法について

それでは最後に、花火の保管方法について、ご紹介していきたいと思います。

 

その年に、使い切れなかった花火を保管する際は、
いくつか注意するべき事項がありますので、早速見ていきましょう!

 

 

花火を保管する際に、気を付ける事は、

 

  • 火の側に置かない
  • 直射日光を避ける
  • 湿気がある所に置かない
  • 重い物の下に置かない

 

などなどになります。

 

花火を、火の側に置いて保管するのは危険ですので、
まずここは、1番に気を付けておきましょう。

 

 

そして、直射日光が当たったり、高温になる所に置いて保管してしまうと、
花火の品質が悪くなりますし、湿気がある所で保管すると、

 

花火が湿気てしまって、使えなくなってしまいますので、
こちらもお気を付け下さいね。

 

 

また、花火の上に重い物を置いてしまうと、
花火が折れたり、花火に傷がついたりしてしまう可能性がありますので、
花火を保管する時は、一番上に置いておくようにすると良いと思います。

 

 

また湿気対策としては、箱などに花火を入れて、
湿気取り(シリカゲル)を入れておくと、良いと思います。

 

シリカゲルは、お菓子などに入っている乾燥剤で、
100均などでも購入出来ますので、ぜひ参考にされて下さいね。

 

 

そして、未使用の花火ならば、いつ購入したか分かるように、購入した日を、
使いかけで余ってしまった花火を保管する時は、使用した日が分かるように、

 

花火の入っている袋にでも、マジックで日付を書いておくようにすると、
どれくらい前の花火なのかが一目で分かって、
便利だと思いますので、ぜひお試し下さいね。

 

花火の捨て方と使用期限や保管方法のまとめ

みんなでワイワイと花火をするのは楽しいものですが、
使い切れなかった未使用の花火や、使い終わった後の花火の捨て方などなど、

 

花火に関しては、分からない事や困ってしまう事も、
いろいろとあると思いますので、
そんな時は、ぜひ当記事をお役立て下さいませ。

 

 

花火の捨て方や、使用期限や保管方法について、サクッと確認して、
みんなで花火を楽しみながら、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

スポンサーリンク

-夏の行事
-, ,

Copyright© 明日は明日の風が吹く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.